自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第84回 金子 奈緒さん

win-win

84
ラジオパーソナリティ ナレーター
金子 奈緒さん

高校放送コンテスト3年連続

佐々木

お久しぶりです。お元気そうですね。

金子

番組に3月に来ていただいて以来ですよね。でも私は本屋さんとかで、「佐々木さんだわ」と思って見ているんだけど。……何か、緊張する。逆の立場だから。

佐々木

楽しく、進めていかれればと思います。よろしくおねがいします、ね。実は初めて金子さんのプロフィールを拝見したんですけれども、一番始めに、「高校放送コンテスト3年連続」ってあったので、ここから伺いたいのな、と。

金子

そうそう。ちょっとマニアックなんですけど。もっと正確に言うと、中学2年生から大会には出ているんですね。私、中高一貫校だったんですよ。どうしても自分が行きたくて、桐朋女子っていう所に行っていたんですけれども、そこで放送部に入って。6年間一貫だから、結局、同じ部活をずっと続けられるメリットがあって。

で、中学1年生は、ペーペーだから出られないんですけれど、確か2年生から出られたのかな。本当は、そこからずっとやっているんですね。

佐々木

「3年連続は史上初」って書いてありましたけれど、ということは、本当は中学から連続?

金子

うん。中学の部門に2年間出て。確か、中学3年生の時は1位になったと思います。

佐々木

へえ。私は、こういった大会があるのも知りませんでした(笑)。

金子

いや、ご存知ない方が圧倒的ですね(笑)。今もあるんです。「NHK杯」っていう大きな括りで呼んでいますけれど。本当に全国から集まってきて、私達の時はアナウンス部門が5,000人弱、いたんですよ。だから、放送部員が5,000人いるってことですよね。朗読も5,000人いたんです。

佐々木

中学・高校合わせて?

金子

高校だけで。

佐々木

高校だけで5,000人!

金子

正確に覚えたデータは、高校だけなんですけど、アナウンス部門と朗読部門、それぞれ5,000人ずつぐらいがエントリーするんですよ。もちろん、その他に番組部門とかいろんな部門があって、高校生達に考えさせて、発表させる。放送部だから自動的にエントリーさせられて、出たんですよ、ずっと。

1年間その流れでいくんですよね。「何月にあるから、それに向けて、じゃあ練習しましょう、編集しましょう」とか言って。

佐々木

じゃあ、ここが目標地点という部活動だったんですね?

金子

だったんですね、当時は。

1/29

次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english