自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

「日本の性教育は他国に比較すると遅れている」と、「性と健康を考える女性専門家の会」の副会長として活躍している対馬ルリ子医師は語ります。それは、日本の10代の子どもたちの中絶件数、性感染症は増加傾向にあることから読み取ることができるでしょう。

「性」の価値観は常に変化します。私たち大人は、それを理解しているでしょうか。親と子どもが恥ずかしがらずに「性」を語るためには? 性を語る時に大切なことは? 子どもたちが自分の心や体を傷つける前に、私たち大人ができることは何か。日本の性教育の現状と課題、そして「性教育」する時に気をつけなくてはならないことを、対馬ルリ子さんと一緒に考えてみませんか?

著者

対馬ルリ子

対馬 ルリ子

東京都立墨東病院・周産期センター産婦人科医師


つしま・るりこ

1958年弘前市生まれ。弘前大学医学部を卒業後、東大医学部付属病院研究室などを経て、東京都立墨東病院へ。現在、同病院周産期センター産婦人科医師。97年より、さまざまな分野の専門家が集う「性と健康を考える女性専門家の会」の副会長として活躍中。



e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english