自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム>ニュース@>池上彰の『解決!ニュースのギモン』
ニュース@
池上彰の『解決! ニュースのギモン』
〜イー・ウーマンリーダーズの「?」に答えます〜
dot
第36回(5) 2006/08/22
レバノンはどんな国?
dot
ページ|1 | 2 | 3 | 4 | 5 | バックナンバーを見る
<4ページ目からの続き>
 
南部に「ヒズボラ国家」が

 レバノンの国としては安定・平和に向かっていたのですが、イスラエル軍撤退後のレバノン南部には、ヒズボラが展開しました。レバノンという国の中に、“もうひとつの国家”を樹立し、レバノン政府が手出しできない状態になっていたのです。

 ヒズボラは、イランの支援によって、武力でもレバノン国軍を凌ぐ力を持つまでになりました。反イスラエルの立場は変わらず、国境を越えてイスラエルを攻撃したり、ミサイルを撃ち込んだりしていました。

 そして今回、ヒズボラの部隊が越境してイスラエル軍を攻撃し、イスラエル軍兵士2人を誘拐。これに怒ったイスラエル軍が、レバノンに侵攻したのです。

失敗を繰り返すイスラエル

 イスラエルは、1982年にレバノン南部に侵攻したことで、ヒズボラという組織を生み出してしまいました。自らが生み出してしまった敵を攻撃するために、今回再びレバノンを侵攻。今回の攻撃で、レバノンでは大勢の犠牲者が出ました。この犠牲者の家族・親族・友人たちの中から、再び反イスラエルの人間が生まれてくることでしょう。

 純粋な軍事作戦としては、ヒズボラが大打撃を受けたようですが、「ヒズボラはイスラエル軍相手によく戦った」という評価が中東世界に広がっています。政治的には、ヒズボラの大勝利だったのです。

 憎悪の増幅という悪循環に、どこかで歯止めをかけないと、中東情勢はさらに悪化を続けることになるのです。
 
dot
前のページに戻る前のページに戻る
dot

前のページに戻るこの記事を始めから読む

dot


池上彰(いけがみあきら)プロフィール
松本市出身。1950年生まれ。
慶応義塾大学卒業後、1973年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。1994年より2005年3月までNHK「週刊こどもニュース」でお父さん役を務める。2005年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして活躍。
著書に『そうだったのか!アメリカ』『そうだったのか! 現代史』『相手に伝わる話し方』『池上彰の情報力』など多数。

佐々木かをりのwin-win対談:池上彰さん

池上彰の
『解決!ニュースのギモン』

→ 今週のギモン
→ バックナンバー
→ 池上彰さんとの対談
〜ニュース@トップページ〜
池上彰の
『解決!ニュースのギモン』
現在進行中のサーベイ
イー・ウーマン編集デスク
ニュースヘッドライン
PHOTOリポート
→ 「詳しくはこちら」
→
イー・ウーマンサイトトップページ
世界中のリーダーズから届く写真つき記事を掲載中!
イー・ウーマンオリジナル手帳 アクションプランナー 2007年版 好評発売中!
 
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english