自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > business & finance > 人生の優良債権

business & finance

人生の優良債権 森永卓郎さんインタビュー

back 7/10 next

市場原理の導入は人件費の高騰をまねく

構造改革が進み、さまざまな分野で市場原理が導入されれば、すべてがうまくいくように語られている。しかし、貧富の差がますます拡大するなど負の部分も考えられるのではなかろうか?

森永卓郎いろんな評論家が「市場原理が導入されたら努力した人が報われる社会になりますよ」と言っていますが、これはまったくの嘘。アメリカを見ればわかるように、会社の上層部に巣喰っている働かない役員たちがどんどん給料を増やしていく。日本の社長ってせいぜい3,000万円、すごい人でも5,000万円しかもらってない。でも、アメリカは20億円も30億円ももらっている。日本のお金持ちたちはそうなりたいわけなんです。

当然、人件費がパンクする。だから「下々の給料を下げるぞ」と言っているのです。これが「民」の部分での構造改革の正体なんですよ。

「官」の部分――働いてない特殊法人だとか公益法人――「ここを叩き潰そう」と言った小泉純一郎に対して、国民は拍手喝采した。官の改革はどんどんやればいい。でも、民間の改革とは何も関係がない。ところが、官と民の改革が、密接不可分なセットであるかのように「構造改革」と言って、今いきなり民間をアメリカのようにしてしまおうとしているんです。

back 7/10 next



e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english