自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2221
初めての人のなかで、意見を言えますか?
投票結果
62  38  
602票 369票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

3日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2007年07月16日より
2007年07月20日まで
円卓会議とは

丹下 一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
丹下 一 俳優・演出
円卓会議議長一覧
プレイバックシアターの劇団、プレイバッカーズに参加してもう8年目。全国各地で公演してきました。プレイ……
議長コメントを全文読む
2日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 伝えたいことがあれば (ぱーと救急医・千葉・パートナー有・34歳)
初めての人の中でも話が出来ますし、伝わっているかなと確認しながら勧めることができます。仕事では知らない人と会議をするとか、大勢を前に講話をするとか、話す内容さえ決まっていれば、そんなに苦労したことはありませんでした。先日、初めて保育園の保護者会では違いました。何を話せばいいのかな? どうすればいいのかな? と挙動不審な母になっていたと思います。私は「好かれたい」という気持ちが強くなると、上手に意見が言えなくなるな、と自覚しています。

yes 元々は…… (いまいくん・埼玉・44歳)
私も人前で話すことは大の苦手でしたが、経験を積むことで平気になりました。その経験とは、製造業の方ならお馴染のQC活動での発表です。これを何度もやらされた(?)おかげで、何百人もの人を前にして発表することを経験し、人前で話しをすることに慣れてしまいました。今では急にスピーチを振られても、それなりに対処することができますね。丹下さんの言われる「伝えたいことがあるかどうか」も重要ですが、慣れも大事だと思います。

yes シチュエーションと相手による (tommygirl0253・海外・パートナー有・33歳)
日本人同士の会話の場合、相手に同意を求めて会話がなされる場合が多いように思います。相手が同意して「そうだよね。」「そうそう!」と同調してもらい、盛り上がる事を期待している場合が多い気がします。これは日本人ならではの「同調してもらって安心する」という習性からきているのかなと思うのですが、私も日本人と話す時はあえてそうします。でも日本人以外の人と話す時ははっきり自分の意見を言います。それは同調する事を期待されていないからです。場と相手によると思います。

yes 直接問いかけられたらの場合 (taiyang・東京・パートナー有・33歳)
言えると思います。順番に皆が意見を述べていくような形もしくは具体的に「あなたはどうおもいますか」と問いかけられた場合です。大勢の人がいる中で自主的に意見を述べる事は難しいです。ただ、本当に伝えたい事があったならば条件問わず言えるような気もします。初めての人というのは反応がわからないので、そういうところの不安な気持ちがあるのだと思います。

no できません (みいや・香川・パートナー有・43歳)
うまく自分の気持ちが伝わるか、違った意味にとられたらどうしようなどと考えてしまい、初めての人のなかで意見は言えません。相手の表情などが気になってしまいます。

no 伝えたいことが少ないかも?! (白井 直)
初めての人の中ではホントに言えません。でも、勝手知っている今の会社では言わなければならない、という思いから意見を口にする事も少なくないです。でも、丹下さんの書かれた背景を読んで、初めての方の前で意見が言えないのは、教養が少なく、伝えたいことが少ない点も原因の一つだと改めて認識しました。少しずつ種を増やしていこうと思います。
3日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
すべての人は「伝えるべきこと」を持っている
プレイバックシアターの劇団、プレイバッカーズに参加してもう8年目。全国各地で公演してきました。プレイバックシアターは、お客様に手を挙げていただいてお話を伺い、それをその場で打ち合わせなしの即興でパフォーマンスにするというものです。

なので、まずお客様の声をいただかないと始まりません。もともとはアメリカで生まれたもの。「人前で手を挙げて自分の話をする」という行動が「日本の風土にあわない」という声をいただくことが以前はよくありました。

たしかになかなか手が上がらないこともあります。ただ、それはむしろ小さな町で周囲が知り合いばかりという場合のことが多い。そして、8年間、1年に平均30本の舞台を続けてきて、一度として最後まで手が上がらなかったことはありません。むしろ、最初に手が上がると、次から次へと手が上がっていくことのほうが多いのです。これは何を意味しているのでしょうか?

今では世界各国にプレイバックシアターの劇団があります。僕もニューヨークやシンガポールなどで舞台に立ちました。ニューヨークではばんばん手が上がります。シンガポールの客席はアジア各国から集まった人たちでしたが、日本と同じ感じ。

プレイバックシアターの考え方では「すべての人の中に伝えるべき英知がある」ことが基本です。そして、人にはそれを伝えたいという気持ちがあるはず。そして、普段抑えている分だけ、「安全な場」であると認識していただいた瞬間から手がどんどん上がりはじめるのです。

そして、いまいくんさんのおっしゃるように「慣れ」も大事。慣れる訓練を子どもの時からしているか、大人になってからかの違いが、日米の違いかも。その上で、ぱーと救急医さんのお話は興味深い。普段は「慣れて」いるのに、「好かれたい」と思うと上手く行かなくなる。みなさんは、こんな体験をお持ちですか?

丹下 一
俳優・演出
丹下 一


関連参考情報
■ 「佐々木かをり対談 win-win > 第82回丹下一さん」
「演技は、ビジネスマン・ウーマンにも役立つ技でもあります」
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english