自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2221
初めての人のなかで、意見を言えますか?
投票結果
63  37  
672票 402票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

4日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2007年07月16日より
2007年07月20日まで
円卓会議とは

丹下 一
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
丹下 一 俳優・演出
円卓会議議長一覧
18歳ではじめて舞台に立ちました。1日だけの本番前「台詞はでてくるだろうか」「間違えてはいけない」など……
議長コメントを全文読む
3日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 相手により出方を変える (Perla・千葉・パートナー無・37歳)
基本的に私は、初対面の相手にも言うべきことは言えるタイプと思っています。ただ初めてお会いした時には、まずその人を観察します。遠慮なく話した方が親近感をもってくれそうな人や、人の話を聞くのが好きそうな人には、失礼ない範囲で率直な意見を述べるようにしています。逆に初対面の相手からとやかく言われたくないタイプや、聞くより話すのが好きそうな人に対しては、最初は「聞く」ことに徹します。今までこの方法で失敗したことがないので、これからもこのスタンスでいくと思います。

yes 少しずつですが (junno・神奈川・パートナー有・37歳)
私も人に好意をもたれないことを恐れて言葉を発せられない性質ですが、もともと100%わかってもらうことは無理な話なんだ、と言い聞かせて自分を奮闘させています。先日は誤解がかえって面白い展開になったこともあり、だいぶ話すことが苦ではなくなりました。でも、もっともっと努力しないといけないなと思います。

yes もちろん言えます! (デミー・大阪・パートナー無・29歳)
私の場合、大勢の人の中で話すことはありませんが、数人の中で話をする機会はあります。この場合、あくまでも自分の意見・考えであると前置きをして伝えます。そして必ず、自分の意見に対して問いかけをします。自分の意見を言わないなんて私には我慢出来ません。初めての人の中であっても、顔見知りの人の中であっても同じです。そうすることで、まわりの方からも同じように意見が飛び交い、ことが良く早く運んでいきますから。

yes 短くても印象に残るように…… (JUN・神奈川・パートナー有・41歳)
今まで面接・プレゼン等、緊張の中で1人対複数の方に話をする機会がありました。緊張をすると普段と同じくとはいきませんが、短くとも「この会社に入りたい!」とか「この商品をわかってもらいたい!」と自分に強い思いを持って、聞かれたことには誠実に要点を伝えるように心がけています。その為には前日までにしっかり内容を自分の中で煮詰めて、フレーズだけを小さな紙に箇条書きでメモして持参することもあります。

no 国際女性ビジネス会議に参加して (愛、感謝、夢、笑い・大阪・パートナー有・27歳)
私は人見知りもすることなく、自分はこう思うというはっきりとした見解を言える方だと思っていましたが、先日出席した国際女性ビジネス会議の分科会に出席し、次々に挙手なさる女性を見て、正直尻込みしてしまいました。自信のなさが出てきたのでしょう。ある種「好かれたい」という思いに似ているかもしれません。挙手なさった方は本当に堂々となさっていて、素敵だなと思いました。知識や経験に裏づけされた自信を手に入れるべく、多種多様な情報を意識して日々を過ごしたいと思います。

no 言えるようになりたい (YURIKA・兵庫・パートナー無・30歳)
言いたいことがあるのに、言えなかった、言うのを止めた、ということが日常よくあります。確かに、安心できる状況では、躊躇することなく言いたいことを伝えられます。自分の心の状態がいいときも。理想の環境では無いときに、自分の意見を言えるために、慣れ以外にいい方法はありませんか。
4日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
精一杯の自分の「声」
18歳ではじめて舞台に立ちました。1日だけの本番前「台詞はでてくるだろうか」「間違えてはいけない」など余計なことばかり湧いてきます。かちかちに固まり、そしてあがってしまって地に足が着いていない。客席は闇一色の真っ暗に見えていて、お客様の顔さえわからない。最悪。

情けない状態でしたが、ひとつだけ面白いことがありました。突然大きな声が出たのです。後で演出家からも「稽古(の段階)であの声出せよ」と言われたのですが、以来大きな声が出せるようになりました。お客様から力をもらったのでしょう。

「本番」を重ねていくと、小さなことでもなにかしら自分の中に積み重なっていくものがあります。それを「慣れ」というのかもしれません。その積み重ねが自分のスタイルになっていく。

Perlaさんの「相手を観察」もデミーさんの「自分の意見を言わないなんて我慢出来ない」も、どちらもその場の対話がすすんでいくことを目的としていて、場に対するバランス感覚は同じところにあるような気がします。JUNさんの「箇条書きのメモ」、僕も作ります。本番で見る見ないは関係なく、メモをつくる行為そのものが大切だと思っています。

「愛、感謝、夢、笑い」さん、国際女性ビジネス会議に参加してくださってありがとうございます。自分よりも経験豊富で深い意見を持っていると思われる方たちに囲まれて発言を躊躇するお気持ちはよくわかります。そして、そんなときこそ、ぜひ意見を聞かせていただきたいと思います。

自分自身に向き合った結果出てきたその人なりの「声」には、必ず深い真実が隠されています。どこかで聞いたような借りてきた話ではなく、今精一杯のその人の「声」は、好き/嫌いを越えたところで人の心に届くはず。そしてその姿勢に人は「好感」を持つのではないでしょうか。

あなたがはじめての人のなかで意見をいう時、自分にとって一番大切なことはなんですか?

丹下 一
俳優・演出
丹下 一


関連参考情報
■ 「佐々木かをり対談 win-win > 第82回丹下一さん」
「演技は、ビジネスマン・ウーマンにも役立つ技でもあります」
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english