自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2341
クリスマスやお正月、特別な食器を使いましたか?
投票結果
49  51  
281票 295票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2008年01月07日より
2008年01月11日まで
円卓会議とは

池田祐巳
プロフィール
このテーマの議長
池田祐巳 陶磁器デザイナー
円卓会議議長一覧
1日目の皆様からいただいた回答は、YesとNoがほぼ同じくらいという結果です。予想ではもう少しYesが多いか……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes お正月だけの九谷焼 (nanachin・長野・パートナー有・31歳)
実家でのことですが、お正月だけ登場する九谷焼のお皿があります。お重からおせちをとる取り皿として使っています。九谷焼は華やかな色合いなので、お正月が来たなぁと子ども心にも身が引き締まってなんとなくうきうきした気持ちになったことを覚えています。今でもお正月に実家に帰ると使っていて、年に1回使うだけなのに愛着のあるお皿です。

yes あけぼの (momoko1964・愛媛・パートナー無・44歳)
お正月に日本茶を入れる。日本人のそして1年の始まりの日常を家族と囲むために買った急須の名前です。名古屋の常滑で何度も手にとっては元のところに直し太陽の光に当ててみたり、やっぱりこれだよね、勝手に自分で納得して、私にとって食器を自分で買う値段にしては高かったのですが30分あまり悩んで購入しました。気持ちを新たにさせてくれる急須です。

yes 好きな食器はバンバン使う (いずいず・東京・パートナー有・44歳)
ウェッジウッド、ヘレンドが好きです。ワイルドストロベリーやフローレンスターコウズ、ヘレンドのインドの花は普段使いでバンバン使います。でもウェッジウッドのルビーはクリスマスやホームパーティ等特別な時に使うことが多いですね。とても好きなので、大切にしているのと剥げ易いのでどうしてもそのような使い方になってしまいます。

yes 年に1度しか使わない特別なお皿 (みんぼ・新潟・パートナー有・43歳)
真っ白で薄くてすぐ壊れそうな磁器のお皿。それは年に1度大晦日の夕食の時だけお目見えします。蒲鉾、黒豆、数の子等縁起物のご馳走を7品目盛り付け、銘々に配ります。今年1年の健康に感謝しお神酒を頂き、厳かに食事が始まります。364日は食器棚の奥に眠っていますが、我が家にはなくてはならない節目を飾るお皿です。

yes 感謝の機会に豪華な食器 (いんこいんこ・大阪・パートナー有・45歳)
毎年、クリスマスとお正月には、普段は勿体無くて使えない豪華な食器をだします。私の場合、普段と同じでは、雰囲気が盛り上がりません。年一度の出番の食器たちなので、かなり丁寧に扱っていますね。娘に手伝ってもらって飾り付けると「今年も一年頑張れた」ことに感謝できる機会ともなります。

yes 記念日のものを (山田詩伊子・山形・パートナー有・32歳)
お正月は実家にみなが集まることもあり、妹の結婚式の記念のティファニーのワイングラス、両親の結婚記念に贈ったワイングラスなどが食卓を飾りました。その時そのときのエピソードを思い出して話題にのぼったりと、いいことばかりです。普段は割るのがもったいないくてしまっておくものも多いですが、「特別感」もあっていいなあと思います。目下、結婚のお祝いにいただいた数々の特別な食器類を飾る「飾り棚」を探し中です。せっかく美しいのに、箱に入れっぱなしになっています。

no そういえば…… (みいや・東京・パートナー有・45歳)
そういえば、昔はクリスマスにはクリスマス用のお皿で、赤、緑のナプキンでとこだわっていました。お正月も新しいお箸とお茶碗をそろえ、新年を特別なものとして扱っていました。いつの間にかそれがなくなり、クリスマスもお正月もただ単に普通の一日になってしまっています。生活に余裕がなくなってきたのかな?

no 普段から (Aska)
シンプルな生活をめざしてものを減らしています。もちろん食器も。クリスマスやお正月に特別な食器を使わないというより、むしろ、普段からよい食器を思いきって使うようにしました。いつか来るかもしれない特別なお客様のために棚に眠っているより、こうして毎日使って上げた方が食器も喜んでいるように思えてなりません。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
特別な食器を使う食卓は、特別な思い入れがあってこそ……
1日目の皆様からいただいた回答は、YesとNoがほぼ同じくらいという結果です。
予想ではもう少しYesが多いかなと思っておりました。

Noとお答えになった方の投稿は、なんとなく余裕がなくばたばたと過ぎてしまったということが多いようです。他にはAskaさんのようにシンプルな生活スタイルで、といった考え方からというものもありました。確かに、あれこれと揃えずシンプルに、特別なものも普段使いにというライフスタイルは素敵ですね。憧れるという方も多いのではないでしょうか。
Noと答えた方、ほかにもいろいろなご意見、もっとお寄せ下さい。

Yesとお答えになった方の投稿からは、食器の話を通してそれぞれのご家庭のお正月の過ごし方が伝わってきてとても興味深く、じっくりと読ませていただきました。
(長野のnanachinさん)や(新潟のみんぼさん)のように、特別な食器がその家庭の特別な日の習慣になっている方もいらっしゃいます。少し大袈裟な言い方かもしれませんが、その食器が登場する食卓がそれぞれの家庭のひとつの食文化になっていると言えると思います。

特別な食器を使うということは、その食卓に特別の思い入れがあってのこと。一年の始まりの食卓にふさわしいものをという思い、家族と楽しい食卓を囲もうという思い、お客さまに喜んでもらいたいという思いなどです。
(愛媛のmomoko1964さん)(山形の山田詩伊子さん)からは家族を思うエピソードが寄せられ心温まる思いでした。

食器は食事をするための器、日々欠かせないものだけにそこには使う側の生活スタイルや嗜好が強く反映されます。食器を通してさまざまな地域の食文化が見えてきたり、各家庭の食生活が映し出されていきます。
明日からは食器について少し掘り下げたお話も少し交えながら進めさせていただこうと思います。
お正月、私の家はこんな食卓が定番といったお話などもぜひお聞かせ下さい。

池田祐巳
陶磁器デザイナー
池田祐巳


関連参考情報
■ 「時々は部屋の模様替え、していますか?」
季節の模様替えを楽しみませんか?
■ 「クリスマス。ツリー&リース飾った?」
山フラワーマーケットの井上代表取締役が問いかける
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english