自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2344
最近、身銭を切って音楽を聴いていますか?
投票結果
52  48  
356票 326票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2008年01月14日より
2008年01月18日まで
円卓会議とは

岡崎ゆみ
プロフィール
このテーマの議長
岡崎ゆみ ピアニスト
円卓会議議長一覧
「身銭を切って」と言うフレーズをそのまま使っていただけるかな? と思っていたら、イー・ウーマンとして……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 音楽はなくてはならないもの (えむえみ・大阪・パートナー有・44歳)
最近、テレビを見る時間が自分の生活時間の中で最も無駄であると自分の中で結論を出しました。パートナーがつけているときは別ですが一人のときはお気に入りのCDを流して落ち着いた気分で用事をします。CDはときどき4枚くらいまとめ買いをします(ほとんどクラッシックか映画のサントラ盤)。コンサートにもできたら行きたいと思っているのですが、コンサート選び、(一人で行ってもいいけど)相棒さがしに面倒くささを感じて、なんとなく敷居が高く感じています。

yes かなりかけます (ラブラドール・岐阜パートナー無・)
CDも買いますし、3ヶ月に一度くらいの割合でコンサートにも行きます。チケットも1万円くらい出して買うこともあります。S席で聴くのも大好きです。仕事であまり流行についていかなくなって(ついていけなくなって)から最近はクラシックが多いです。特に自分でチケットの取り方も覚えて、行ってみたらどんどん行くようになりました。あまり余裕のないときはしませんでしたが、寝る前に好きな音楽を掛けて聴いているのってなかなかいいですね。

yes 音楽は生で聴きたい。 (patorisia・東京・パートナー無・42歳)
昨年1年間で行ったコンサート、ライブは、どれも自らインターネットでチケットを取りお金を払った。ヴァイオリン、ピアノ、合唱、ロックと分野も楽器もさまざまだ。特にビルボードライブで聴いた、アル・クーパはすぐそこにアーティストがいて、オルガンを弾く表情や、息遣いまで感じることができた。また紀尾井ホールでは、松谷卓さんのピアノが、胸に震えた。言葉で言い尽くせないこの気持ちは、生で聴くたびに湧き上がる。

yes 心を豊かにしてくれるもの。 (マビ・海外・パートナー無・34歳)
カナダ在住です。こちらでは日本より安く、質の良い音楽に触れることができる機会が多いので、日本に居たときよりもたくさん音楽を聴いて(聴きに行きます)います。形に残らない投資かもしれませんが心を豊かにしてくれる「あたたか(暖か)投資」として年始に予算を組みます。

yes コンサート (momoko1964・愛媛・パートナー無・43歳)
CD買って好きな曲は覚えて、一緒に歌ったり身体を動かしたり、良いんです。その一瞬に会いに行くという感覚です。もちろん大阪・東京に行くと旅費もさらにかかります。でも私は自分の人生はその一瞬しかないと思っています。だからアンテナめぐらしてさあ、今年は何回その瞬間に出会えるか楽しみです。もうすでに、2つは決まっています。

yes 月1回のプチ贅沢 (モッチー・東京・パートナー無・28歳)
最近聴き始めた音楽はクラシック・ジャズ・シャンソンです。初心者の為、興味を持ったらまず図書館で借ります。そこで気に入ったらMDに落とすので身銭を切って購入する事はほとんどありません。今このジャンルの音楽は自分にとって「癒し」や「心を豊かにしてくれるもの」になりました。月に1度は演奏会で本物の音楽に触れたいです。色々探せば3,000円〜4,000円のものもあります。美しい音楽は自分の人生をより良くさせる為の自己投資。安くても高くてもまず何より満足感が大切だと思います。

yes ライブの感動は格別! (walk714・シンガポール・32歳)
どんなジャンルであれ、臨場感のある音に勝るものはないです! クラシックは日本では依然、価格と敷居が高く足を運んだことはありませんが、海外ではお手ごろ価格でクラシックを楽しめる場があります。親子連れもよく見かけます。クラシックは門外漢の私ですが、奏者が楽器を爪弾く様や演奏を終えて花束を渡す場面はその場にいないと味わえない感動です。奏者の息遣いを感じるのは、足を運んでこその醍醐味。日本の場合、会場使用料や集客数によって価格が高くなってしまうのが残念です。

no 聴きたい音楽に出会えなくなった (mcqueen・東京・パートナー有・34歳)
音楽関係の仕事から転職したということもあり、ライフスタイルで音楽を聴く機会が激減しました。その影響もあって、CDを買ってまで聴きたい、ライブを見てみたい音楽に出会ってないですね。iPoDにおとすだけなら、レンタルかDLでいいし。YouTubeでPVも見られるから、音楽番組もほとんど見なくなりました。FMのパワープレイも、ネットで分かりますもんね。

no 今は予算がないので (あいあむふっきー・東京・パートナー無・25歳)
私は身銭を切って音楽を聴いていません。いや、聴くことができていません。時間はあっても予算がないのです。今、音楽にかけているお金はほぼゼロです。でも、今年の4月以降は余裕が出てくるので大好きなピアノやバイオリンのコンサートに出かけたいです。それに、自分の計画では、「来年から」またピアノを習い始めます。男子で幼い頃から12年間ピアノを習っていましたが、今度は自分のために、そして誰かのためにピアノを弾きたくなりました。もちろん、身銭を切る覚悟です。

no 半年に一度くらい (citrosa・東京・パートナー無・23歳)
音楽は好きなのですが、普段はCDもあまり買わず、レンタルやパソコン上でフリーで聞く程度。しかし、半年に一度くらい、これは多少高くても生で聴きたい! という音楽・ミュージカルに出会うことがあります。そのときには多少無理をして聴きに行きます。例えばブロードウェーミュージカルの一つがそうでした。生演奏というのは圧倒的にインパクトが違うので、本当に好きな音楽であれば身銭を切る価値があると思います。

no 本当は聞きたいけど。 (いーちゃん・青森・パートナー有・46歳)
地方で、しかも子育て真っ最中、フルタイムの仕事あり、なかなかコンサートにはいけません。でも、昨年の5月からピアノを習い始めました。初歩ですがピアノの演奏を楽しんでいます。お琴も少しできるので暇を見ては、触るように努力しています。コンサートに行く代わりに自分で演奏しています。

no 後回しになっています (Mark・神奈川・パートナー有・44歳)
私は中学生頃からクラッシクが好きで、FM放送をテープに録音し何度も聴いて、気に入った曲はお金をためてLPを買っていました。今までに買ったLPやCDの枚数は300枚くらいです。海外の有名楽団のコンサートも何度か行きました。でも、最近は子供の教育費や家のローン、会社の付き合いとかにお金がかるため音楽にはここ5年くらい全くお金をかけていません。音楽を家でゆっくり聞く時間がないのも買わない理由の一つです。時間とお金に余裕がなくなって楽しみが後回しになっていると思います。
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「音楽を聴きたいときは気持ちが前向き?」
「身銭を切って」と言うフレーズをそのまま使っていただけるかな? と思っていたら、イー・ウーマンとして「とってもいいキャッチ」と言うことで心配をヨソに誉められました。「身銭」で皆さんにわりとわかりやすいイメージが伝わったのではないでしょうか。初日からたくさんの投稿本当にありがとうございます。

個人の感覚の差はありますが、皆さんなんらかの形で音楽にお金をかけている人が多いようですね。

「テレビが無駄なのでその時間に音楽(えむえみさん)」「最新流行」ものには、もうあまり振り回されないのでクラシック」などのご意見には、大人だからこその音楽の聴き方、音楽のあるライフスタイル、というようなものを見つけ出されていて素敵ですね。

また、生の音による感動を求めてコンサートに足を運んでいらっしゃるというご意見も複数頂きました。身銭をきる派の中で、もっとも高価でありモティベーションがいるのは「コンサート」に行くことのようですね。

しかし、コンサートにひとりぼっちで行くのは慣れないとなかなか勇気がいることでもありますよね。理想は同じテイストのパートナーや友人と一緒に聴きに行って終演後や後日にその時の感動を分かち合って、おしゃべりできたら最高に楽しいでしょうね。

Noの投稿の中でも、「本当は聴きたい」「忙しくて後回し」と言うYES&NOのご意見が多く、全く完全なNoは「聞きたい音楽がない」という方のみでした。この投稿の方は音楽通で網羅していらっしゃるからご本人のお眼鏡にかなう音楽と出会えない、というのは残念ですね。

一方で「聴きたい音楽がない」という気持ちは、現在の本人に心の持ちようにもかなり関係しているかもしれませんね。音楽が聴きたい! という気分は前向きなときのほうが興りやすいと思いませんか?

もちろん私自身も「こんな悲しい思いをする今は○○○の○○○が聴きたい!」など、気持ちが後ろ向きはときにも聴きたいと思います。しかし、自分の中に嫌悪感や皮肉っぽさがはびこるときに身銭を切ってまで音楽を聴きたい気持ちにはなかなかなれなくないでしょうか?

元気のあるときに身銭を切る気になる、いやいやそうとも限らない、など、自分の状態によってコンサートのチケットを買ったりCDを買ったりしますか? それとも、好きなアーティストだったらどんな時でも予算を投じますか? それ以外でも「身銭を切る」きっかけを教えて頂けたらさいわいです。

岡崎ゆみ
ピアニスト
岡崎ゆみ


関連参考情報
■ 「音楽のある暮らしを送っていますか?」
暮らしの中に、どのように音楽を同居させていますか
■ 「音楽ダウンロードとCD売り上げの関係」
佐々木かをり対談 win-win > 第55回 山川 隆さん
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english