自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2485
漁師のストライキ、支持しますか?
投票結果
82  18  
457票 100票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

2日目/5日間
働く人の円卓会議
4位
【開催期間】
2008年06月30日より
2008年07月04日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
漁師のストに8割が賛成、ただし、公的な助成には疑問の声も……。サーベイの全体的な評価は、こんなところ……
議長コメントを全文読む
1日目までに届いている投稿から...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
yes 日本の漁業の現状は深刻です。 (eiko_o・東京・パートナー有・69歳)
仕事の関係で、ときどき漁業協同組合・婦人部のセミナー講師をつとめています。そこで会う漁師のおかみさんたちはほんとうに素晴らしいです。苦境にめげずに頑張る日本でもっとも強くて自立心の高い「肝っ玉かあさん」たち。その彼女たちが原油の値上がりには悲鳴を上げているのです。よほどのことだと思います。ただでさえ、地球温暖化にともなう漁場の変化で打撃を受けているのに……。このままでは日本の漁業はほろびます。私たちの食生活を守るためにも、助成金は必要だと思います。

yes 漁師さんがんばって! (のむ姉・大阪・パートナー有・30歳)
私の生活では、ちょっと高いなーと思う位で済んでいるので、ストが無かったら、漁業者の現状を知ることはなかったと思います。どうして、原油の高騰分を価格に上乗せできないのかなぁと思います。高くすると売れなくなるから=安い魚があるから? それとも? ストの次のステップとして、補助の他に漁業者で力を合わせて、自立した状態で解決する方法が見つかるといいなと思います。応援したいです。(緊急事態なので、最低限の補助は必要だと思います)

yes 現状での補助は必要! (地球交響曲・大阪・パートナー無・31歳)
漁に出る度に赤字になるようだと廃業に追い込まれる事になるし、ただでさえ漁師のなり手も少なくなる中でストライキは現状を知ってもらうのに必要な事だし、消費者としても魚の値段が上がるのを受け入れ、行政も燃料の補助をして食料自給率が下がらない様にするべきと思います!

yes 自国の事にもっと目を (junet・神奈川・パートナー無・39歳)
他国の食糧支援や災害救助も、国際的な国をアピールする面では大切かもしれないですが、自国の民が、食糧難や燃料難に苦しんでいることを、官僚の方々は理解してくれないのか、と私は思ってしまいます。本州のみならず、島国である日本は、燃料がなければ舟や車が使えない、ひいては、生活ができない状態に陥りそうな村や小さな島もあるのです!島に住む友人も悲鳴を上げています! 漁師の方々のストを発端に、なんとかそういう細かい事象への真剣な対応に目を向けてほしいと思います。

yes 窮状を訴えるのは賛成ですが (メリーアン・東京・パートナー無・41歳)
他の製品は製品価格の値上げで対応しています。漁業も製品(魚)の値上げというわけにはいかないのでしょうか? いろいろな業者(流通とか)がかかわるから難しいのでしょうか? 値上げが漁業関係者まで反映されるのに時間がかかため、まずは助成金をということでしょうか? 仕組みがわかっていないので、その辺も知りたいです。

yes 政府は何を!? (菜奈緒・神奈川・パートナー無・38歳)
今回は、改めて原油高高騰をきちんとした形で何かしら政府が対応をしないといけない事を知らしめた事だと思います。まずは、漁業関係もそうですが、運送関係など産業に関するものへ公的援助が必要なのではないかと思います。このままだと、日本はある意味沈没してしまうと思います。

yes 価格があがらないのはなぜ? (Beamパートナー有・)
漁業者のストライキは、燃料の高騰にどれだけ苦しんでいるかの現状を世間にPRするためには格好の手段だと思います。しかし、その要求が公的資金というのは少し狙いがずれているように感じます。漁業に費やすコストについては価格に転嫁されていないようです。公的資金に頼るのではなく、流通の仕組みを見直す機会として訴えていった方がよい問題ではないかと考えます。魚価がどのような過程で決定されているか、問題点は何であるかといったことを争点にしてはどうかと感じます。

yes 何がいけないかをあぶり出そう (ドゥーイグレック・東京・パートナー有・48歳)
デモの要求である補助金の是非については私も問題なしとはしませんが、ニュースで長年の慣行として、魚の値段は仲買さんの一存で、漁師には価格決定権がないという仕組みに驚きました。燃料費という漁師には努力の余地の無いところでコストの転嫁ができないとすれば、やはりあまりに理不尽です。でも食品関係では大なり小なりこれに類することが起きており買うことすらできないバターから、下請けや末端に押しつける形で表面化しないものまで色々です。まずは本当の原因を皆が知るべきでは。

no ストライキが解決の近道ではない (うな・東京・パートナー無・32歳)
燃料油の高騰は確かに深刻ですし、船で漁に出る漁師さんたちには死活問題なのもわかりますが、ストライキが解決への近道なのか? と疑問に思います。国からの助成金が欲しいのであれば、ストライキを起こすのではなく、国と交渉の席に着くのが筋です。ストをすれば助成金が出て、しないと出ない、というのであれば話は別ですが、助成金の基準はそんなことではないと思います。

no 消費者の感謝も必要でしょうが (kimirie・兵庫・パートナー無・37歳)
ストライキは支持出来ません。そのため、品薄になり値上がりになり、冷凍食品や輸入品に頼り、悪影響が出る恐れも大きいと思うからです。燃料油の高騰は、漁師さんだけの窮状ではないでしょうし、窮状を訴えるために、皆がストライキを起こしていれば、社会は回らないと思います。又、補助金を際限なく出す程の国家予算があるとも思いませんし、高齢者医療の問題も解決しておらず、消費税を上げようかと、話し合われている中で、結局は、自分たちに戻って来るだけではないでしょうか!?
2日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
「なぜコスト高を転嫁できないのか」
漁師のストに8割が賛成、ただし、公的な助成には疑問の声も……。サーベイの全体的な評価は、こんなところでしょうか。

先日、漁協の役員にインタビューした際に、どうやって消費者の理解を得るのか、私も尋ねました。その答えを聞いていると、日本の漁業は燃料油問題だけではなく、深刻な問題をたくさん抱えていて、公的助成をよこせ、と訴えているだけではないことがわかりました。ただ、問題が多いだけに、消費者の理解を得るには、時間がかかるという気がしました。「このままでは日本の漁業は滅びる」という言葉が耳に残りました。

まず、投稿にもあった「なぜ燃料油の高騰を消費者に転嫁できないのか」という問題について話しましょう。個人消費という意味では、とても強いとはいえない現状では、多くの商品が原油高によるコスト増を製品価格に転嫁できないでいます。だから、魚だけではないのですが、魚の場合、価格形成のパワーが大手流通業者に握られているという傾向がとくに強い、と産地の市場関係者は説明します。

大手流通は、産地市場にその日水揚げされた魚の需給で価格が決まる前に、仲卸との間で価格を決めています。「来週、カツオでセールを打つから、キロ800円で千パック用意できるところは手をあげてください」といった形で、取引業者に声をかけるのです。実際、その日になって、浜値が上がっていれば、そのリスクは参入業者が負う仕組みです。また、昔は水揚げの少ない魚は希少価値から高く売れたのですが、このごろは、大手流通が供給できるような魚のほうが買われるので、一定の水揚げがない魚はむしろ安くなると言います。

大手流通同士の競争も激しいですから、大手流通が悪いという話ではなく、こういう流通システムだと、生産者のコスト増が末端価格に反映できないということです。だから、漁業者の要求も、「もっと高く買え」ではなく、コストを下げるために、燃料油の購入に公的助成をとなるのです。消費者にとっては、原油高でも漁価が高くならないのは好ましいことなのですが、こういう状態が漁業者の生活を圧迫し、後継者が不足している漁業の環境をさらに悪化させているという面もあります。投稿にも「日本沈没」という言葉がありましたね。

こうした事情を考えると、漁業者に対して、補助金を求めるよりも、流通システムの改善に動け、と言うのは正論だと思いますが、それなら具体的にどうしらよいのか、考えてみましょう。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ 「原油や穀物の価格高。日常生活が変わりましたか?」
原油や穀物などの価格が上がり生活物価にも影響が……、どんな対策をしていますか?
■ 「原油高、本気で心配ですか?」
今までとは違う「危機感」を感じていますか?
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english