自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/2/12(月) - 2001/2/16(金)
3日め

テーマ男性より稼ぐ自信ありますか?

今日のポイント

あなた自身の経済力と「結婚&出産」はどんな関係ですか?

投票結果 現在の投票結果 y64 n36 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
浅井秀一
浅井秀一 ストックアンドフロー代表

今回は、ご批判あるいは大議論覚悟でテーマを考えました。そしてこの質問には、実は2つの狙いがあるのですが、本日は1つめの狙いについて書かせていただきます。

それは、昨日書いた「収入と結婚の関係」です(……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

opinion

わたしにとっては不可能(東京・38歳)

独身時代は男性と同じ位の稼ぎがありましたが、離婚後の再就職からは格差だらけ。現在勤務中の企業では15年前の給与よりも少ない給与。手に職が無い弱さが全てを物語っているとしか思えません。かと言って、技術職を目指しても、年齢が邪魔をし、無理な状況。結局、男性より稼ぐというのは、わたしにとっては不可能と断言せざるをえません。

収入が少なかったら結婚しないといけない?(ちはる・未婚・26歳)

接客業だったので特別な資格は持っていませんでしたが、実際公務員の彼より収入は多かったです。資格が必要な仕事でなくても、自分の能力次第で男性よりも稼ぐ事はできます。でも、収入が多いからというのと、結婚する・しないは別だと思うのですが……。

相手の収入は関係ない(じぇら・アメリカ・38歳)

結婚したときには彼はわたしの3倍くらいお給料もらってました。でも自分でビジネスを始めて、それも飽きて今は次のビジネス準備中。その7年間のうちに、わたしのお給料は結婚当初の3倍以上に膨れ上がり、今はわたしが大黒柱。結婚は生活の安定のためにするんじゃないでしょう。わたしは、今も昔も同じくらい幸せです。

夫より収入が多いです(MANAMI・東京都・36歳)

結婚する時は、わたしのほうが収入が多い事は知っていましたが、夫の収入がどのくらいあるのかは知りませんでした。結婚って経済的安定のためにする事ではないと思います。でも、今の仕事を続けていける自信が持てた時「これで、結婚相手を経済力で選ばなくてすむ」と確かに思いましたが。

自信あります(poko・市川市・既婚・32歳)

男性相手だから勝てないと思ったことはありません。確かにいろんな壁があって悔しい思いはしょっちゅうしてます。実際給料は安いです。でも、自分のプライドまで曲げてしまうのは嫌なので、今に見てろと思っています。したがって、稼ぐことと結婚は別問題です。

着実に稼げるなら事実婚(Kikumi・アメリカ・37歳)

男性の平均年収より多く稼ぐ自信はあります。現在、「手に職」をつけるために学生ですが、翻訳のバイトや不動産他の投資で充分な額を稼いでます。手に職がついた暁にはもっと確実にコントロールできるお金を稼げると思います。でも、正直なところ、若い頃からずっと着実に稼げていたならば結婚はせずに事実婚を続けていただろうと感じることはあります。

稼いでいることを相手には秘密にする(あしたま・千葉市・未婚・30歳)

はっきり稼げるとはいわないけれど、結婚する・しないというのは別。たとえ稼いでいても相手には絶対言わない。「あなたのおかげで生活できてる」と持ち上げておくと思う。

男女関係ない職場です(いぬこ・東京都・既婚・27歳)

いぬこは旦那より稼いでいます。(旦那の稼ぎが悪いだけなのか?)いぬこの職場は男性女性関係ないので業績のいいときはボーナス結構もらってます。でもその代わり仕事はかなりキツイ。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

今回は、ご批判あるいは大議論覚悟でテーマを考えました。そしてこの質問には、実は2つの狙いがあるのですが、本日は1つめの狙いについて書かせていただきます。

それは、昨日書いた「収入と結婚の関係」です(もちろん、愛情がなければ結婚しないというのは大前提での話です)。要は、いわゆる「永久就職」先として結婚を考えた方のご意見を伺いたかったというのが1つで、もう1つは逆に十分な収入があるから家庭というものにこだわらず自由に生きてみたいと考えている方の意見も聞いてみたいと思ったわけです。

どうも、近年、経済的な基盤が確保できている女性ほど晩婚化や非婚化(正確にいうと、子どもを多くは生まない状況)が進んでいるのではと感じています。大げさな言い方をすると、日本民族にとって多大な損失やないかと感じているわけで、それにはやはり、収入というのが関係しているのかなといった素朴な疑問があり、それを一度みなさんにぶつけてみたかったというのがありました。

世の中、経済力がある女性ばかりではないでしょう。もし私に経済力がなかったら……、と真剣に想像した場合、答えはどうでしょうか? あるいは逆に、もし私に経済力があったら、と考えたことがある人もいらっしゃるんでしょうか? この疑問に対してどんな意見でも結構ですので、頂戴できれば幸いです。よろしく。

浅井秀一

浅井秀一

ストックアンドフロー代表

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english