自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2165
週35時間労働より競争社会。フランスの選択に興味ある?
投票結果
84  16  
475票 91票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2007年05月14日より
2007年05月18日まで
円卓会議とは

大沢真知子
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
大沢真知子 日本女子大学教授、放送大学客員教授
円卓会議議長一覧
注目されたフランスの大統領選挙。女性候補としても注目を浴びたロワイヤル氏も善戦しましたが、サルコジ氏……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
注目されたフランスの大統領選挙。女性候補としても注目を浴びたロワイヤル氏も善戦しましたが、サルコジ氏に及びませんでしたね。争点のひとつが、雇用や働き方でした

「週35時間労働」の見直しや「解雇規制の緩和」などを打ち出したサルコジ氏の政策が、最低賃金の引き上げや財政支援による若者の雇用創出を訴えたロワイヤル氏の政策よりも、フランス国民の支持を得た格好になりました。

飲食店やホテルなど、時間拘束の高いサービス業の勤務・雇用の実態に合っていなかったことや、週35時間制の導入で期待された、ワークシェアリングによる新規雇用の拡大には目覚しい成果が出なかったことなども、週35時間労働の見直しの背後にあるようです。

しかし、わたし個人的には、労働時間の見直しよりも、解雇規制のほうがより重要な争点ではなかったかと考えています。経済のグローバル化、競争の国際化が進展するなかで、解雇規制の強い国ほど、期間を定めて雇われる臨時雇用がふえているからです。そして、その臨時雇用につくのが若者です。

また、日本ではそれほど強い解雇規制があるわけではありませんが、慣行として強い雇用保証があり、家族が養える賃金が支払われています。伝統的に社会主義色が強いと言われてきたフランスでも「競争社会」への風が吹く中、今後は日本でも、フランスと同じような議論がされるのではないでしょうか。

皆さんは今回のフランスの選択に何を感じましたか。また、あなたはどのような働き方や生き方を理想としますか。労働時間や形態もふくめて、様々な立場から、忌憚のないご意見をお聞かせください。今回も、国内はもちろん世界各国からの投稿をお待ちしております。

大沢真知子
日本女子大学教授、放送大学客員教授
大沢真知子


関連参考情報
■ 「大沢真知子さんとのwin-win対談」
収入か? 時間か?
■ 「パク・ジョアン・スックチャさんとのwin-win対談」
ワーク・ライフ・バランスとは?
■ 「国際女性ビジネス会議」
「ワークライフ・シナジー」でいきましょう
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english