自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1836
学校での「宗教文化教育」は、必要?
投票結果
78  22  
471票 135票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
3位
【開催期間】
2006年03月06日より
2006年03月10日まで
円卓会議とは

井上順孝
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
井上順孝 國學院大学教授
円卓会議議長一覧
デンマークの新聞社に掲載されたイスラム関係の風刺漫画が国際的問題に発展しました。ヨーロッパではこれを……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
デンマークの新聞社に掲載されたイスラム関係の風刺漫画が国際的問題に発展しました。ヨーロッパではこれを言論の自由の問題としてとらえています。イスラーム圏では信仰が冒涜されたと感じています。ハンチントン以来、文明の衝突という表現はしばしば使われるようになりましたが、日常感覚で異なった宗教文化の理解をすることは実は大変難しいことです。

日常の行儀作法でも日本では茶碗をもってご飯を食べますが、韓国では顔を置いた茶碗に近づいて食べます。これを知らないでいると、それぞれ相手が無作法だと思ってしまいます。今回の問題のような、イスラームにおける偶像崇拝禁止といった問題が絡んでくると、場合によって事態はきわめて深刻となったりもします。

日本人は公立の学校教育においては、あまり宗教に触れないようにしているのが現状です。もちろん、世界史や日本史、地理、公民、倫理など社会系のいくつかの科目で、宗教に関わったことを歴史的な知識などとしては教わったでしょう。

しかし異文化理解の一環として、生きた世界の宗教文化を知ろうとする姿勢は乏しいのではないでしょうか。

それとともに、自分たちの宗教文化についての知識もあいまいになっています。神社と寺院の違いをたとえば外国人に説明できるでしょうか。外国に留学して初めて自分が日本の宗教文化をほとんど理解していなかったということに気づいたという人が数多いことを感じています。

自分の考え方や行動を相手に理解してもらう上では、自分たちの宗教文化の特徴をある程度自覚しておくことも大切です。

単なる受験用の知識ではなく、生きた宗教文化についての学びを学校教育において、なんらかの形で導入する必要があるとは考えられないでしょうか。世界のさまざまな人々は、小さいときから意識しようとしまいと、なんらかの宗教文化から影響を受けています。信仰をもっていないという人でもそうです。

今日のように、異なった宗教文化が多様な組み合わせで触れ合う時代には、基本的な知識、わきまえがないと、不要な誤解、トラブル、さらには争いも生じやすくなると考えられます。

では今の学校教育でいったいどのような試みが可能でしょうか。むろんこの問題に関しては、家庭における親の教育も重要ではありますが、今回は公立学校を含めた学校教育の場ですぐにも着手すべきこと、あるいはそうした試みを導入したとき新たに問題となることなどを考えてみたいです。

井上順孝
國學院大学教授
井上順孝


関連参考情報
■ 「宗教の風刺はどこまで許されるのか」
元NHK「週刊こどもニュース」のお父さん、池上彰さんが解説!
■ 「カルチャーショックを受けたことがある」
カルチャーショックと文化的感受性の関係とは?
■ 「外国人労働者、受け入れに賛成ですか?」
開かれた、「住みたい国」になると……。
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english