自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/12/13(月) - 2004/12/17(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ外国人労働者、受け入れに賛成ですか?

投票結果 現在の投票結果 y72 n28 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
藤田正美
藤田正美 元『ニューズウィーク日本版』編集長

今週ずっとみなさんのコメントを読んできて、ずいぶん冷静な考え方をされている方が多いという印象を持ちました。外国人犯罪といってもみながみな犯罪者であるわけもないし、○国人は悪い奴が多いとかいう言い方もお……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

実際に一緒に働くとなると戸惑うかも(ok)

雇用主の立場からは安い労働力の確保という意味で有利なのでしょうが、弱い立場に陥らないように法的設備が必要だと思います。日本人でも、働きたい人はまだまだいますし。バランスでしょうか? が、実際に一緒に働くことになったらら、戸惑う気がします。

日本語さえできれば大丈夫だけれど……(ゆかりっくす・神奈川・パートナー有・30歳)

お隣に日本語があまり上手でないフィリピン人が越してきたら、あいさつからはじめて、身振り手振りでコミュニケーションを……とタテマエでは思うのですが、実際には、あいさつぐらいしかしないのかもしれないな……と思います。わが家の近所には、まさに多国籍な人たちが住んでいるのですが、ほとんどの方が日本語ペラペラなので、あまり抵抗なく接しています。ときおり、どこの国の言葉かわからない言葉での会話を聞くことがあり、こうなると、どうしていいかわからず、なんとなく視線を避けてしまったりする自分がいます。

善人も悪人もいることを認識した上で(クロケット・オランダ・パートナー有・27歳)

最近では、各先進国が外国人の受け入れ態勢を模索していると思います。現在住んでいるオランダでも、外国人のビザ発行に対する法律がしょっちゅう変わります。

基本的に私は賛成ですが、入国する外国個人を政府がどこまで見極められるか、ということが重要だと思います。近ごろ、こちらで宗教関連での事件があり、モスリム系移民に対して厳しい情勢ですが、日本でも在日外国人が事件を起こせばそのような流れになるでしょう。だからといって、すべての外国人をひとまとめに排他的に扱うのは不平等で、結局どこの国の人であっても、真面目で意欲的な人もいれば犯罪者もいる、ということを前提にどこまで門戸を広げるか、ということではないでしょうか。私自身がいま住んでいる国で労働許可を得るのに苦労したのですが、国籍の違いだけで扱いが違うことにフラストレーションを感じました(とはいっても日本人はまだましなほうで、EU外の多くの国出身の人に対しては、もっと厳しいのが現状です)。各政府もそこまで一個人に時間を割いて評価することは難しいでしょうが、だからといって国籍だけで扱いが違うのも納得がいきません。

国際化に耐えられるマインドを育てる必要性(happylime・東京・パートナー有・33歳)

日本の労働市場において、外国人労働者を受け入れることが解決の糸口となる問題は多いと思います。外国人労働者を受け入れることが日本のためになるかどうかは、率直なところわかりません。でも、国際化の流れは止めることができないし、受け入れざるを得ないと思います。その場合、日本人は人種が多様化していくことに耐えられるのでしょうか? 懸念しています。日本人は、多数派意見や権威者の意見に容易に流されるマインドの人が多いように感じます。自分の考えのよりどころを持っていることと、ちゃんと自分の頭で考えること、自分と異なる考えやバックグラウンドの人も認めることなどの素養がない人は、国際化に耐えられないかもしれません。子どもの教育をなんとかする必要があると切に思います。それから、犯罪という面では怖いです。外国人を差別はしたくないのですが、自分とは異なるカルチャーで育っている人に対する不安感は潜在的にあります。

NO

日本語が通じないなら体験を共にすることで交流を(ちくわねこ・東京・パートナー有・32歳)

まず国内の体制など、いろいろと片付けるべき問題を片付けてから、という意味でNOにしました。

日本語のうまくないフィリピン人が近所に越してきたら……という状況を想像してみると、相手がどの程度こちらとの交流に積極的かによるとは思いますが、お茶をするとか、何かの作業の折に声をかけて手伝ってもらうとか手伝ってあげるとか、なにかしらの共有体験を持つようにすると思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

開かれた、「住みたい国」になれば素晴らしい

今週ずっとみなさんのコメントを読んできて、ずいぶん冷静な考え方をされている方が多いという印象を持ちました。外国人犯罪といってもみながみな犯罪者であるわけもないし、○国人は悪い奴が多いとかいう言い方もおかしいのですが、とかく世の中はそういうふうに動きがちであるわけです。

ほとんどの方が言っておられたように、外国人(一定期間滞在して働く人々か、定住する人かを問わず)が日本に来るのはグローバリゼーションの流れの中では当然です。日本がさまざまな恩恵(物やサービスを輸出したり資金を外国から集めてくる)を受けながら、自分たちは孤立しているなんていうことはできません。ただ自国民を最優先というのはどこの国の政府も同じことですから、外国から労働者を受け入れたり、あるいは移民を受け入れる法律が、状況によってころころ変わるわけです。

労働者の受け入れもさることながら、研究者や専門家の受け入れもあまり進んでいるとは思えないところがあります。日本はほとんど頭脳が流出するばかりで、頭脳を流入させる努力が足りないと思います。刺激的な研究環境がないということもあるでしょうが、日本の研究機関とりわけ国立大学の閉鎖性が障害になっているという話を聞いたことがあります。もちろん留学生もどんどん受け入れるべきなのです。きちんとした留学生は日本で勉強しようと思っており、卒業後は日本のシンパになってくれる可能性があります。

その上で、移民も認めるべきだと思います。なぜなら移民を認めなければ人口の減少に歯止めがかけられないからです。人口が減少すれば経済力は落ちます。そうなったら生活水準を下げればいいという議論もあるのですが、そうなったら失業は増えるし、高齢者の介護をする費用も捻出できなくなる恐れもあります。移民の受け入れは難しいことなのですが、日本という国がもっと開かれた安全な国となって、世界から日本に住みたいと思われるようになったら素晴らしいのではありませんか。

最後は急に理想主義者になってしまいましたが、みなさんは移民の受け入れについてはどう思われますか。

藤田正美

藤田正美

元『ニューズウィーク日本版』編集長

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english