自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1854
医者の診断に疑問、不信を感じたことがある?
投票結果
94  6  
772票 46票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
1位
【開催期間】
2006年03月27日より
2006年03月31日まで
円卓会議とは

藤田正美
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
藤田正美 『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
円卓会議議長一覧
福島県立大野病院で、医療ミスを理由に産婦人科医が逮捕・起訴されました。当時20代の女性が帝王切開手術を……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
福島県立大野病院で、医療ミスを理由に産婦人科医が逮捕・起訴されました。当時20代の女性が帝王切開手術を受けたところ、「癒着胎盤」であることが判明。しかし主治医は、必要な措置である子宮の摘出をせず、胎盤のはく離を強行し、結果的に患者が大量出血し、亡くなったという事件です。

事件が起きたのは2004年12月のこと。そして病院は調査委員会が調査し、翌2005年3月に報告書を出しました。手術した医師の判断が遅れたこと、もっと多くの血液を用意すべきだったことなどを認め、遺族に謝罪しました。この時点で警察にも「異状死」の報告が提出され、警察は捜査を開始。今年(2006年)2月に医師を逮捕し、先週3月22日に起訴しました。業務上過失致死と医師法違反(異状死の届け出義務違反)の容疑です。

この件に関しては、医師会はかなり反発しています。逮捕・起訴された加藤克彦医師(大野病院で唯一の産婦人科医)が、逮捕・起訴されるほどの間違ったことをしたわけではないというのがその理由です。この癒着胎盤というのは、極めてまれな病気であり、手術前の診断が非常にむずかしいというのも背景にあります。

しかし医療事故の被害者になった患者やその遺族の中には、医療ミスについて司法は厳しい態度で臨むべきであると主張する人もいます。しかし一方で、あまり厳しくすると、むずかしい患者を治療する医師がいなくなり、場合によっては患者のたらい回しという事態も起きかねないと主張する人もいます。自分自身が医療ミスの被害者になる可能性はいつでもあります。

上に書いた事件をどう考えるは別にして、皆さんはこれまで自分や家族に対する医師の診断・治療に疑問、不信感、不安を感じたことがありますか。おありになるとすれば、それはどのような場合ですか。そしてどのように対応されましたか。

今回は、「医師の診断・治療に対する疑問や不信」について1週間にわたり意見を交換していきたいと思います。日本の医療をよりよいものにするために、一般市民、医療関係者の率直な話し合いが必要です。医療関係者の方の積極的な投稿も期待します。

藤田正美
『ニューズウィーク日本版』元編集主幹
藤田正美


関連参考情報
■ 「手術したい医師、練習台になりたくない患者」
「私の視点」:医療サービスの責務とは
■ 「あなたは病院を信頼していますか?」
信頼するのは病院ではなく…
■ 「かかりつけの医師がいますか?」
究極のかかりつけ医とは…
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english