自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:1908
石油の自主開発をふやすことに賛成ですか?
投票結果
71  29  
327票 133票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2006年06月05日より
2006年06月09日まで
円卓会議とは

高成田享
プロフィール
このテーマの議長
高成田享 朝日新聞石巻支局長
円卓会議議長一覧
石油価格を高騰させているのは、中東の不安定な政治と中国やインドなどの旺盛なエネルギー需要だといわれま……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
石油価格を高騰させているのは、中東の不安定な政治と中国やインドなどの旺盛なエネルギー需要だといわれます。いずれも長期的な問題であるだけに、石油の逼迫は続くと見て、石油は「買い手市場」から「売り手市場」に変化しました。

日本は1970年代の石油ショックを経て、産油国で原油取得の権益を得る「日の丸原油」と呼ばれる自主開発原油をふやすことに力を入れました。しかし、原油価格が安定してからは、自主開発の意欲は薄れ、その中心的な担い手だった石油公団も解体されました。

ところが、このところの原油価格の高騰で、再び自主開発原油を求める声が強くなっています。中国が世界中の産油国で権益確保の動きをしているのも気になります。政府・与党内には、原油輸入に占める自主開発の比率を現在の15%から40%に高めるべきだという意見が定着しつつあります。

その一方、国際的な石油市場があるかぎり、石油は確保できるし、自主開発にこだわると、産油国での権益を確保するために、さまざまなリスクを抱えることになるという警戒論もあります。

ということで、過去の自主開発やこれからのイラン、サハリン、シベリアなどの自主開発計画を点検しながら、さらなる原油の自主開発が必要かどうか考えてみましょう。

高成田享
朝日新聞石巻支局長
高成田享


関連参考情報
■ 「「資源外交」を積極的に進めるべきですか?」
国内外で資源確保、武器になるのは……
■ 「電力不足に危機感を持っていますか?」
地球温暖化問題の視点で考えると……
■ 「原発はやっぱり反対ですか?」
国の将来の姿を決めよう
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english