自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

今週のテーマ会議番号:2184
「ふるさと納税」導入に賛成ですか?
投票結果
40  60  
183票 279票

この会議への投票・投稿は
募集を締め切りました。

1日目/5日間
働く人の円卓会議
6位
【開催期間】
2007年06月04日より
2007年06月08日まで
円卓会議とは

森信茂樹
プロフィール
講演依頼
このテーマの議長
森信茂樹 中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員
円卓会議議長一覧
自分が納税する地方税の一部を、自分のふるさと故郷の自治体に振り向けるというアイデアが、「ふるさと納税……
議長コメントを全文読む
1日目の円卓会議の議論は...
月曜:1日目(テーマの背景) 火曜:2日目 水曜:3日目 木曜:4日目 金曜:5日目(リポート完成)
自分が納税する地方税の一部を、自分のふるさと故郷の自治体に振り向けるというアイデアが、「ふるさと納税」と呼ばれるものです。参議院選挙を控えた目玉作り、という点はありますが、発想自体は興味深いものです。しかし問題もあります。

大原則「受益と負担のバランス」

まず、地方税には、「受益と負担」のバランスという大原則があります。自分が自治体から学校・警察・消防、さらには道路、橋、港湾といった公共サービスを「受益」する、その対価として税を「負担」する、という哲学です。この原則が働くから住民と自治体との間には望ましい緊張関係が生じ、「増税するくらいなら無駄な公共事業を止めてほしい」ということが言えるのです。

ところが、ふるさと納税は、自分が受益している自治体サービスに対する納税額を直接減らして、その分を他の自治体に回すという仕組みとなっており、「なんら受益していない自治体に税金を払い、逆に、受益を受けている自治体にはその一部の負担をしない」ということになります。「受益と負担」が徹底されず、地方自治の根幹の哲学が揺らぐことになるのです。

他方で、納税者が自分の税金の使途に対して、も少しイニシアティブを発揮させてもいいのではないか、という議論は正当性があります。そこで、このアイデアを、地方税の原則に沿ったものに変えていく、つまり、寄付金税制として受け止めるという方法があります。

ふるさとである自治体が、都会に転出した人に対して、「自分たちはこんなに立派な行政をしているので、自分が育ち父母の住む故郷に寄付をしてください。その際には、税金も軽減されます。」という競争が始まれば、地方行政が活性化され面白いことになるのではないでしょうか。

しかしこのような制度には、東京都をはじめとする大都市の自治体からの反発があります。その理由は、都会には、混雑の緩和、震災対策、テロや大規模災害等大都市特有の財政需要がある、他の自治体に振り向ける余裕はない、というものです。
地方自治体間の「税源」の再分配=水平的分配

そもそも「ふるさと納税」のような案が検討される背景は、自治体間の「税源」に格差があることです。現在東京と沖縄の間には、人口1人当たりで3倍の格差があります。この格差を埋めるには、ふるさと納税制度だけでは解決できません。ふるさと納税とは別に、特に格差の大きい地方法人税の配分の方法を変えようという議論が起きているのはご存知ですか? このような、地方自治体間の税源の再分配は、「水平的分配」と呼ばれています。
国から地方への配分=垂直的再分配

そして、もう一つ重要な事実があります。今の日本では、「税源」という意味では都市と地方間に大きな格差があるものの、その格差は、地方交付税と国からの補助金で埋められ、結果的には地方の方がより多く「財源」を得ているという事実です。東京都は島根県と比べて2倍の一人当たり税収を上げています(2000年度決算)が、交付税や補助金による再配分の結果、東京都の3倍弱の「財源」を手にしています。

先進諸外国を見ても、都市部と地方で一人当たりの財源が逆転するところまで再分配する例は見当たりません。過剰な垂直的調整を是正しつつ、都市と地方の税収格差を可能な限り均等化する、両者があいまって初めて「受益と負担」の関係、国と地方の関係が正常化するのでしょう。このような国から地方への配分は、「垂直的再分配」と呼ばれています。
つまり、ふるさと納税は『受益と負担のバランス』だけでなく、『地方自治体間の「税源」の再分配』と『国から地方への配分』をどうるすかも同時に検討しなければ解決できません。この問題の提起する課題は、極めて大きな問題です。

戦後日本の発展を支えてきた、「国が税収を取って地方の均等な発展のために格差を是正していく」という考え方、仕組み自体が問われるとともに、「東京一極集中という事実」をどう考えるかということも問われているのです。皆さんでじっくり考えてみたいと思います。



例えば、
「私がその立場ならこうする。なぜなら、私は、制度が○に変わると、○になると思うから」
「私は賛成です。そうなれば、私の生活は○になると思うからです」
「私も、似たような場面に遭遇したことがあります。そのとき私は○をしました」
これが“I statement”です。

森信茂樹
中央大学法科大学院教授、東京財団上席研究員
森信茂樹


関連参考情報
■ 「池上彰の「解決!ニュースのギモン」」
三位一体の改革とは?
■ 「格差を是正する税制改革を希望しますか?」
貧困問題の解消のカギは……
■ 「税金の使い方に一言いいたい?」
社会の何のためにお金を使うのか
■ このジャンルの過去円卓会議をチェック
■ このジャンルのトップページへ

今週進行中の円卓会議一覧

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english