自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/1/27(月) - 2003/1/31(金)
4日め

テーマ子どもが危険な目に遭った遊具がある

今日のポイント

子どもを遊ばせる時、服装に気を使っていますか?

投票結果 現在の投票結果 y58 n42 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
天野優子
天野優子 風の谷幼稚園園長

風の谷幼稚園の日常生活は、急斜面を登ったり、斜面転がったり自然環境に合わせて体を動かしています(よく動く体が結果的は危険回避につながります)。

その場合注意していることは、子どもたちの服装と靴です。……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

自分の子どもには経験させたくない(Buni・東京・既婚・30代)

わたしがまだ幼稚園のころ、姉と親戚の年下の男の子と3人で公園で遊んでいた時にそれは起こりました。その遊具は半円形で大きな隙間のあいた鉄製のブランコ+シ−ソ−のようなものでした。半円の重心を移動させユラユラと揺すって遊ぶもので、とても重いものでした。姉とわたしはおもしろがってはしゃいでいましたが、男の子は途中で怖がって「やめて! 」と言いました。でも、幼かったわたしは遊びに夢中でその言葉を無視してしまいました。すると男の子は一人で降りようとして揺れているその遊具の中を移動し始めました。男の子の足は隙間の中に入り重い遊具の下に……。

幸いツメの先だけで済んで大事には至りませんでしたが、今考えてもヒヤッとすると同時に申し訳なかったと思います。今わたしは1児の母となりましたが、将来息子が公園で遊ぶようになったとき、同じような事故に遭わないでほしいと願っています。遊具はそれを使ったときにどのような危険性が発するかまで考えて設置してほしいと思います。たとえば前例では、鉄製の重い遊具なのに足が入るような隙間があるのは危険! )。

慣れ親しんだ遊具が消えるのは残念(エリザベス・愛知・既婚・40歳)

長男が1歳半のころ、ローラー滑り台から勢い余って飛び出し、頂上付近から落下したことがあります。その滑り台は、大型で幅広、左右の柵(手すり)がなく、ロラーが剥き出しだったため、斜めに飛び出してしまったのです。あわてて駆けより、抱きとめようとした夫の手にかろうじて当たり、ゆるやかに落下したため、鼻の下と唇を擦りむいた程度で済みました。もし直接落下して、激突していたらと思うとぞっとしました。その後、滑り台は落下防止柵が設置され、相変らず子どもたちの人気の遊具です。このように危険防止のための努力は必要ですが、最近よくあるような、使い方を誤ったために発生した事故のせいで、昔から慣れ親しんだ遊具が撤去されるのは、非常に残念です。

危険を察知する能力も身につけさせたい(巽・大阪・未婚・42歳)

子どもはいませんが、小学生がランドセルを背負ったままうんていに登って、はしごの間にランドセルがひっかかり宙吊りになって亡くなったといういたましい事故のニュースは記憶に新しいです。早く遊びたくて、ランドセルを外すわずかな時間も惜しかったその子の気持ちが想像できます。親の悲しみや、やりきれなさもまた想像に難くありませんが、誰も悪い人はいないという気もするのです。

遊具とは関係ありませんが、先日、流行りのロングマフラーがバイクのエンジンに巻きついて首が絞まり、重体となった女子学生。祭りの日に棒付きのお菓子をくわえたまま走って転び、棒が脳を損傷して亡くなった子ども。いずれも成長過程でその危険への察知を身に付けなければいけなかった事例と思います。子どもは擦りむいたり切ったりして危険を知っていくものだと思いますが、親だけでなく周囲の大人がその都度注意していくしかないですね。ポケットに手を入れて歩いていたら注意するとか、そういったことから。

NO

「これは!」と思ったら教える(しょうっち)

とりあえずはそのような経験はないです。小さいころは公園で裸足になって遊ばせてました。もちろん、そのへんの公園なので、ガラスのかけらも落ちてました(遊ばせながら探しては捨ててはいましたが)。周りにはいろいろ言われましたが、不思議とケガはなかったです。もちろん、ブランコの前に立つなだの、危ないと思ったときはしかりました。また通園途中の公園には、よく事故をおこす、ゴンドラのようなブランコもありました。これは! と思うまでは何も言いませんが、危ないと思ったら、「○○だから危険」と言って教えます。やはり親が子どもを見ておくのも大事かと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

衣服の重要性

風の谷幼稚園の日常生活は、急斜面を登ったり、斜面転がったり自然環境に合わせて体を動かしています(よく動く体が結果的は危険回避につながります)。

その場合注意していることは、子どもたちの服装と靴です。予期せぬ力がかかった時に、ケガは起こるからです。着ていた衣服が、枝にひっかかってバランスを欠いたり、服についていた紐が何かに巻き付いて動きを不自由にしたり、フードがひっかかって首を絞めたりと、さまざまな危険があります。子どもの安全管理上大事なことは、体にフィットしたシンプルな服装だと考えているのです。

それと、固定遊具などで遊ぶときは、手に物を持たないこと、カバンやバッグ類は置いて遊ぶことなどは、基本として子どもたちには教えています。

固定遊具がたくさんある場所で遊ぶようなときは、遊具そのものの安全性の確認は確実にしなければならないことと考えていますし、遊ぶ上での注意事項は子どもたちに、その理由とともに伝えることが大事なのではないかと考えています。

天野優子

天野優子

風の谷幼稚園園長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english