自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2000/11/20(月) - 2000/11/24(金)
2日め

テーマ服選びに、他人の目が気になる?

今日のポイント

外見に気を遣い、自己主張する。それは自分の為? 好きな人の為?

投票結果 現在の投票結果 y79 n21 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
小川カズ
小川カズ ファッションディレクター

さすが女性陣! 全員が周りの目をそれなりに意識し、きっちりとした服選びをなさっているみたいですね。男性陣に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいものです、ホント……。前回も言わせて頂いた通り、『服』というのは……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

(みわ・未婚・24歳)

平日の出勤着についてとても気にしています。会社は官僚的とも殿様とも言われる古い体質の割に服装はうるさくないです。ジャケットさえ羽織っていれば表向きは文句は言われません。が、ただでさえ女性に対する風当たりが強い会社、裏ではいろいろ言われます。服装のような外見が理由で自分の立場を悪くするのはあまりにも勿体無いので大冒険はしないようにしています。休みの日はその分好きにしていますが……彼ができたらかわるかも?

(アキコ・27歳)

もちろん気になります。自分の趣味にも重点は置きますが、彼や友達から「かわいい」とか「すてき」とか好印象を持ってもらいたいと思って選びます。「カッコ悪い」とか「ダサイ」と思われていないか、気にしちゃいます。

(ノンちゃん・三重県・既婚・34歳)

わたしは人に比べて体型で、服選びの選択肢が少ないのが現実です。服選びはある意味、個性を表現するアイテムだと思うので、基本的には着る本人がよければいいと思います。で、わたしの場合は本人がよければいいという中に、「見る人がどう思うか……?」という視点でチェックすることも含まれているのです。

(mak・大阪市・未婚・26歳)

クリエイティブな仕事をしているので比較的ラフな格好をしているのですが、バカッぽい格好をしていると打ち合わせの時、説得力が落ちてしまう‥この歳で女だとどうしてもナメられてしまいます。ファッションは「自分をどう見られたいか」の表現だと思います。最低限TPOに合わせた服装を守るというのが自分にとっては得です。

(yellow・豊島区・既婚・31歳)

まず、自分でコレ着たいなーというのがありますが、そこにコレを着ている自分がこう見られたい、という願望があります。純粋に自分が着ることしか考えてなかったら、見た目より、着心地のよさに走り、きっとだらしない格好になってしまうかも。現に、一歩を外も出ない日とか、ゆるい格好してます。

NO

(Rova・東京・未婚・27歳)

着る洋服によって、気分や気持ちが変わります。まずは、自分の為に洋服をセレクトしていいと思います。その上に、TPOがわきまえられて、周りのヒトの目を喜ばせられたら最高だと思います。

OTHERS

(きーす・東京都・独身・27歳)

スタイルや流行色には特に左右はされませんが、それを追うあまりに、色の組み合わせや体型に合う合わない、着ていく場所にふさわしいか否か を見失っては……と思います。最近は70年代、80年代の服を着ても、ダサイとは言われないので、そういうもののコーディネートを楽しくしています。あと、出かける前に姿見でちゃんと全身をチェックすることにしています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

さすが女性陣! 全員が周りの目をそれなりに意識し、きっちりとした服選びをなさっているみたいですね。男性陣に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいものです、ホント……。前回も言わせて頂いた通り、『服』というのは、人と出会い様に目に飛び込んでくるものですから、相手に『自分』をアピールする手段の上位にランクされるものであり、決して気を遣って損をする事など無いでしょう。美しくなっていく女性が増えれば増える程、われわれ男どもは嬉しい限りです。

しかし、一つ「? 」が生まれました。前回の「ダンナや彼の服がダサイ? 」というテーマで「男は服じゃない! 外見を気にし過ぎている男はダメ! 」等の意見を多かれ少なかれ頂きました。と言う事は、男性よりも女性の方が外見にしっかり気を遣い、かつ自分の主張を表にはっきり出してたくましく生きているということなのでしょうか? それは自分の為? 好きな人の為? 情けないわれわれ男どもの失われた権限回復の為にもご意見お待ちしております……ハイ。

小川カズ

小川カズ

ファッションディレクター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english