自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/7/9(月) - 2001/7/13(金)
2日め

テーマ影響を受けたミュージシャンっている?

今日のポイント

「オノ・ヨーコさんのこのメッセージ、わくわくしませんか? 」

投票結果 現在の投票結果 y90 n10 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
森俊一郎
森俊一郎 東芝EMI

もちろん日本に住んでいる訳ですから、邦楽アーティストの名前が多いだろうぐらいには思っていましたが、わたくしが生業としている「洋楽」のアーティストの名前が少ないのはちょっと残念です。

ジョン・レノンに……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

違う自分になっていたかも(レモンバーム)

直接会ったことはないにもかかわらず、自分の中で大きな存在を占めるミュージシャンはいます。本当にこのミュージシャンを知ってよかった! もし、この人の歌を知ることがなかったら、まったく違う自分だったかもしれない……と思うことすらあります。ミュージシャンの生き方、人柄が曲に強くにじみ出てる音楽に引きつけられてしまいます。本当に音楽は人生を豊かにしてくれるものですね。

表せなかった気持ちを歌で感じることができました(東京・未婚・32歳)

ストリートスライダーズを初めて聞いたのは高校に入学する直前でしたが、それまでの「なんとなくやりきれない感じ」をそのまま表した楽曲に、ものすごく共感しました。その後もずっと追っかけていて、ライブに行っても、CDを聞いても、いつでも「感情を共有できる」ことを感じました。直接どんな影響を受けたとは言い難いけれど、こういう風にして、人に伝えることができるのだということを理解したというか……。抽象的でちょっとわかりづらいですね。

なんといっても(Y.KOG)

やっぱ、ユーミンかな。

影響を受けたミュージシャン……ええ、います(和歌乃)

頭の中がミーハー色なのかも知れませんが、その時々で好きなミュージシャンが発言する物事に興味を持ったり、歌詞に触発されて新しい感覚を持ったり、音や音楽、声で癒されたり、心強くなったり、前向きな気持ちになれたり……。数えれば限りないです。最近は奥田民生さん、スピッツ、宇多田ヒカルちゃん、ゴンチチ、東儀秀樹さん等に結構注目してます。

心のオアシスとして大切にしています(SAKUSHA)

14歳の時にオフコースを知ってからずっと(4半世紀に渡ってる! )小田さんの音楽に傾倒しつづけています。若いころはそれこそ「追っかけ」したりもして……。でもほのぼのとしたものでしたが(そんなにファンも居なかったから)。今はCDを聞いたりLIVEに行くだけですが、それでもわたしのオアシスとしてずっと大切にしています。影響を受けた……というニュアンスとはちょっと違うかもしれませんが。

彼はわたしの王子さまです(東京都・既婚・40歳)

高校生の多感な時期にオフコースが大好きでした。まだ「さよなら」がヒットする前でデパートの屋上で前座をしている彼らを追いかけていました。なんであんなに引かれたのか……。加齢とともに興味もかわりオフコースもメンバーが変わり、とても有名になりました。何週間か前に小田和正さんがテレビに出演していて、話をする姿見ていたら「もう25年もたっているのに同じこと言ってる。」と思いました。彼はやっぱりわたしの感性育ててくれた王子様だと確信しました。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

もちろん日本に住んでいる訳ですから、邦楽アーティストの名前が多いだろうぐらいには思っていましたが、わたくしが生業としている「洋楽」のアーティストの名前が少ないのはちょっと残念です。

ジョン・レノンに影響受けている人、けっこう多いと思うのですが、これってもしかして男の人的な感覚なのでしょうか? もしかしたら女性の場合、最近ベスト盤も出したポール・マッカートニーのほうが身近に感じたりするのでしょうか? ジョンはあまりに思想的すぎるように思えるのかもしれませんね オノ・ヨーコさんについてはどうでしょうか? かなりに早い時期に、海外へ芸術創造の場を求め出ていった女性、ということでは画期的なんてものじゃないのですが……。彼女がいつもインタビューで言うメッセージに「今日もひとつ、心が躍ることをしましょう! もし自分にとって何も見つからなくても、誰か身近な人のためでもいいのです」というものがあります。これは初めて聞いた時「目ウロコ」でした。

卑近な例ですが、受験生の子どもを持つ身として、昨夜、彼女のため1つだけ「心が躍る」ことができたと思います。マンションの部屋の隣にデザイン事務所が入っているのですが、そこにとてもかわいい子犬がいるのです。その子に会いに行く時間をちょっとだけ作りました。それだけで一瞬「癒された」表情に戻った娘を見て「ああ、こりゃ良いな」と。単なる親ばかですが、必要なのです、自分にとっても「心、踊りました」。

森俊一郎

森俊一郎

東芝EMI

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english