自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/9/24(月) - 2001/9/28(金)
3日め

テーマ作るのが面倒なスイーツは買うに限る?

今日のポイント

プロの味を大事にしつつ、スイーツ作りを楽しんでいる方多数

投票結果 現在の投票結果 y84 n16 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
磯部美季
磯部美季 フリーライター

やはりスイーツ「買う」派の方が多いものの、投稿には「作る」派の意見もたくさん。サオリパインさんの投稿にもあったように、私も昔、母が作ってくれたおやつをむしょうに食べたくなることがしばしばあります。

……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

わたしは買うけれど(笑(サオリパイン・福岡・独身・30代)

子どものころ、母が作ってくれたドーナツとかケーキとかプリンとか、素朴なものばかりですが、とても懐かしく思い出します。プロに任せたほうが確実においしいのですが、手作りには違った良さがありますもんね。お料理とおなじで。

NO

手作りもいいもんです(himawari・大阪・未婚・29歳)

わたしの得意スイーツは、チーズケーキです。スイーツの中では、混ぜて流しこんで焼くだけなのですが、材料によってはケーキ屋さんのケーキに匹敵するのもできあがります。プロセスも楽しいですし、わたしのストレス解消でもあります。

栄養上やはり手作りかな……(picarinrin・ホノルル・未婚・30代)

手作りだと、材料を吟味できるし、その時々で「出来不出来」があるものの、それなりに愛らしい物ができて、いい思い出になると思う。それに、食べる前に、いろいろ準備をするので、エネルギーを使うので、食べた後、後悔しないでいいし、単に買ってくるよりずっといい。

お菓子は基本的に作ります(yuzin・東京・既婚・40歳)

洋菓子はだいたい作ります。普段食べるためにお菓子を買うのは、コストがかかるというのも一因。おいしいと思えるレベルの物はやはり金額も張ります。お菓子作りが好きで、週に1〜2回は作りますし、子どもたちにお菓子作りを教えています。TVなどで紹介される新製品なども工夫して作ったりもします。慣れないと面倒ですが、食べたいときやお友だちが来るときなど、すっと作れて便利です。

ケーキ作りでストレス解消(SLちゃん・愛知・未婚・30歳)

お菓子作りが趣味であり、気分転換になっているので、休みの日はほとんど作りますね。作ることが好きなので、自分は味見をするだけで、ほとんどは会社の人に食べてもらってますが……。自分の好きな味を見つけるために、飲みに行っては、いつも2次会とごまかしながら、友だちとホテルのケーキセットを食べてます。

OTHERS

作る価値と買う価値(moi・埼玉・既婚・34歳)

甘いものはとにかく大好き。例えばバターケーキとか、ショートブレッド、オリジナルパンケーキなど、簡単で素材を活かすようなものは、十分に作る価値があると思っています。材料の配合によってわが家の味が作れる喜びもありますし。しかしながら、プロフェッショナルなお味や、デザイン性、こちらは一筋縄ではいかない研究が重ねられているわけで、素人は太刀打ちできません。すばらしいデザートをいただきたい時には迷わずプロの腕に頼ります。

お菓子作りが気分転換に!!(riebusu)

お菓子作りとは作る過程を楽しむもの。その作業時間に集中し没頭すること自体が、仕事を忘れ、ストレス発散になっている。夜中にゴソゴソ作り始める人も多いと思う。「買う=食べたい時」、「手作り=趣味の時間」であって別物です。

母の味(mamarin)

酒飲みなわたしは、普段は甘い物を口にしませんが、一流パティシエが作り出す芸術的なケーキは、自分には作れませんので買いたいですね。でも子どもや家族のバースデーケーキは必ず手作りと決めています。また、みたらし団子、ホットケーキ、わらび餅、クッキー、簡単焼き菓子などは頑張って作ります。見かけは悪くても、とてもおいしいです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

わたしの懐かしのおやつは大学いもとフルーツパンチでした

やはりスイーツ「買う」派の方が多いものの、投稿には「作る」派の意見もたくさん。サオリパインさんの投稿にもあったように、私も昔、母が作ってくれたおやつをむしょうに食べたくなることがしばしばあります。

そこで、ふと思うのが、私に子どもができた時に、わたしが母親になった時に、ああいった素朴なお菓子を作れるのかしら? ということ。仕事をするようになってから、忙しいということを口実に、ホント、時間のかかることをしなくなってしまった。時間がないし、買った方がおいしいしと、すべてお金で解決している自分……。このままでは、わたしの子どもは、将来、昔食べたおやつを懐かしく思うこともないわけで、これじゃあ、やっぱりマズイよねと、今更ながら思ったりしています。

Yuzinさんもmamarinさんもエライ! そりゃ、パティシエの技が光るケーキのよさだってもちろんあるけれども、やっぱり子どもには「お母さんの味」は覚えておいて欲しいもの。将来、子どもにお菓子作りを教えるためにも、私も買ってばかりいないで、自分でも作ってみなくちゃと心を新たにした次第です。

わたしの懐かしのおやつは、大学いもと牛乳寒天の入ったフルーツパンチ。みなさんの心に残っているおやつはどんなものですか?

磯部美季

磯部美季

フリーライター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english