自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2001/11/5(月) - 2001/11/9(金)
4日め

テーマなじみの和食屋、ある?

今日のポイント

母国の料理だけに、おいしさ以外に寛いだ雰囲気も求めているよう

投票結果 現在の投票結果 y43 n57 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
吉田明彦
吉田明彦 『料理王国』前編集長

和食の輪はどんどん広がって、ついにお蕎麦屋さんまで登場ですね。和食といえばお出汁。お蕎麦屋さんって最強のお出汁をもっていますからね。とくに京都のお蕎麦屋さんはお蕎麦そのものより出汁に最大の注意をはらっ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

夜はシックで落ち着いた日本そば屋さん(白い雲・山形・28歳)

日本そば屋さんがお気に入りです。手打ちでニ対八とのこと。すすりやすくて細くて、割り下もおいしいお店です。昼時はランチで忙しく、夜はシックで落ち着いた感じですね。

120%リラックスできるお店(たかぷ・北海道・既婚・26歳)

ついに見つけました、和食屋。それも家の近所。サービス、店の雰囲気、料理、すべて最高です。おいしい料理と、冷えたビールや日本酒がたまりません。気取った店ではなく、120%リラックスできるので、お腹を満たすだけでなく、ストレスも解消できるみたい。

おいしい和食には、おいしい日本酒(iwana)

名古屋の「花見小路」で季節の旬を味わいます。腰の低いご主人と、やさしい味の京料理と、落ち着いた雰囲気のお店です。おいしい和食には、おいしい日本酒が欠かせません。知り合いの酒販店さんから仕入れているので、好みの日本酒が揃っているのもうれしい店です。

季節感のあるヘルシーな料理(kurokami)

お酒と料理、両方おいしくなければお店に行く価値ないと思っているので……。小さなお店ですが、京都で修行したご主人と、美人の奥さんの二人でやっている店の常連です。季節感のあるヘルシーな料理、イタリアンやフレンチと違って、たらふく食べてももたれない。和食と日本酒があればハッピー! 

NO

やっぱり「母さんの味」こそ和食処(いつき)

半年前から一人暮らしを始めたわたし。でも実家は車で1時間の距離で結構近いので、1ヵ月に一度は帰ります。行きつけの和食屋というのではないけれど、実家がやはり一番の和食処という感じですね。最近は2ヶ月くらい帰れてないのですが、最近は母の「栗ごはん」が無性に食べたいです。

OTHERS

ボーナスが出たときには(きどえり)

年に2回しか行かないので、なじみとは言えませんが、お気に入りの和食屋さんならあります。ボーナスが出た時だけなんで……。他にも数軒のお気に入り店がありますが、一般的においしい和食となると、価格がはりますよね。一品ずつのボリュームも少ないし。いい和食屋さんだと、呑んべえなので2人で2万円くらい、すぐにいっちゃうんですよね。

手作りが一番おいしいけど(ゆかりペコ・東京・未婚・24歳)

なじみの和食屋というほどのものはありませんが、最近は、ファミリーレストランや居酒屋さんでも軽い和食が食べられてうれしいです。でも実は、和食は自分で作ったのが一番おいしい! とわたしは思っています(笑)。

緊急事態の外食は……(奥沢すずめ)

家庭生活を営んでいる者が、行きつけのお店があったらあんまりよくないかも。もちろんみんなが気に入っていて行くところはありますが。ただ、人さし指に8針縫うケガをした時は、ほとんど毎日が外食でした。その時に限り、家族の人気店は大戸屋でした。1〜2週間に一度行くならもっと別な選択ですが、一週間に4回、家族5人で外食するなら、2〜3回は和食の定食。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

ていねいに作った家庭のお惣菜が和食の原点?

和食の輪はどんどん広がって、ついにお蕎麦屋さんまで登場ですね。和食といえばお出汁。お蕎麦屋さんって最強のお出汁をもっていますからね。とくに京都のお蕎麦屋さんはお蕎麦そのものより出汁に最大の注意をはらっているような気がしてなりません(おっと、脱線しました)。

なじみの和食屋はお母さんのいる実家という、いつきさんのご意見にとてもひかれました。ていねいに作った家庭のお惣菜が和食の原点だということですよね。安心できる、ほっとする味。みなさんが日本料理ではなくて和食を食べたいというのはそのようなニュアンスがあるからなんでしょう。

そういうみなさんに読んでいただきたい文庫本があります。『料理のお手本』(辻 嘉一著・中公文庫)です。わかっているような気がしているけれど、言葉にしたことのない事柄がていねいに、やさしく綴られています。日本料理って、やっぱり素晴らしいと思っていただけることでしょう。

吉田明彦

吉田明彦

『料理王国』前編集長

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english