自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/9/2(月) - 2002/9/6(金)
5日め

テーマ食品の買い方、変わりましたか?

今日のポイント

利便性の恩恵を得ているわたしたちができることとは?

投票結果 現在の投票結果 y74 n26 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
山口浩
山口浩 神戸北野ホテル総支配人

「現在の食を巡る問題の遠因は、自分で判断できなくなったエンドユーザ」という投稿をいただきました。本来自然の状態で、食品の鮮度が落ちてゆき、食べられなくなる過程があって、食品の状態を見て食せるのかどうか……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

信頼回復は難しい(渡邊あさぎ・茨城・既婚・44歳)

夫が食品メーカーに勤務する関係で、この手の話題はよく話します。消費者は厳しいですから、特に口に入るものに関しては、敏感になっているでしょう。人と人との関係でさえ、一度信頼関係が崩れたら、それを取り戻すには多くの時間と努力を要するのに、それが企業対消費者となると、もしかしたら信頼回復は不可能なのかもしれません。わたしたちはとにかく表示を信じるしかないので、今は、地場産の野菜や魚を食べることが多いです。

安全な食品は大量生産できない(Maja)

食品表示についての説明会に参加しました。表示されていない部分に疑問があります。ブランド米や高級国産牛などは、生産量と流通量が食い違っていますから、信用していませんでしたので、やっぱりそうだったのかというのが感想です。大手の大量生産では、対応できるはずがないのです。生産者の顔が見えるような規模の食品を選んでいます。

安全な食品はどこにある?(merry・神奈川・既婚・34歳)

確かに最近、表示や生産国をよく見るようになり、香料など添加物が入っていないものを買おうと努力はしています。でも、それも信用できなくなると、どうすればいいのかわからない。野菜でも確かにアメリカ産のブロッコリーなど農薬がかなり効いていると思う。かといって、国産を買おうとすると値段が格段に高く、ついついこれでいっかー、と買ってしまうし。手ごろな値段で、安全な食品はどこに行けばあるのでしょうか?

まず生協で買うことに決めた(rainyblue・神奈川・既婚・40代)

極力、生協で買うことにしました。ちゃんとした会社の表示を信頼できない以上、何も信頼できないのですが、とりあえず一番ウソが少なそうなものということで、生産者の顔が見える生協のものを買うことにしました。消費者として不買はもちろんのこと、監視機構をしっかりさせてほしいと思います。食品の問題だけではなく、日本の世の中の問題だと思います。効率よく利益をあげるためには、何をしてもかまわない、という営利主義のほころびが表面化したのだと思います。

安心できるお店を選ぶ(BALL)

前から少しは意識をしていたのですが、信頼しているスーパーでだけ、体に入るものを買うようになりました。値段は相当高いのですが、すべての商品にすみずみまで「選んでいる」「ここがいいから扱っている」という意識が感じられます。もちろん完全に安全でないことはわかっていますが、ここでも駄目ならば、と思うとあきらめがつきます。

魚介類の安全度は?(まーどんな・東京・48歳)

仮に偽装、不当表示がなくなったとして、野菜はオーガニック、肉類は飼育過程のわかるもの、加工食品は添加物表示をチェック……と神経を使って食材を選んでも、魚介類はどうなんでしょう?近海もの、養殖もの、冷凍ものを気にする以前に海そのものが汚染されてしまってはどうしようもないような危機感を感じます。たとえばムール貝、ベルギーではバケツのような大きな器の量をペロリッとたいらげますが、イタリアでは汚染されやすい貝とのレッテルをはられ敬遠されがちです。

NO

信じているところから購入している(あっこねいさん)

雪印・日本ハム、など「何かが起こると買わない」という運動は一見それらしく見えますが、その根底にある発想が、今の市場をおかしくしていることを、一般消費者が認識したほうがいいのでは?黒豚がおいしいと聞けば、全国に出回る(そんなにいっぺんに増やせるものなの?)。ヨーグルトが体にいいとなればスーパーに置いてある量が激増する。偽者でかさ上げしているんだろうな、と単純に思えませんか?マスコミの伝えることってほんの一部。そんなの信じていいのとて単純に思っちゃうのですが。

エンゲル係数には目をつぶっても(MANAMI・東京・既婚・38歳)

以前から、無農薬、低農薬、有機栽培の農作物や、無添加の食品や調味料を扱う業者の宅配を利用しています。どうしてもエンゲル係数は高くなってしまいますが、それなりに手間をかけて、丁寧に作られたものなのですから、多少値段が高くなってしまうのはやむを得ないと思います。やはり、食生活はすべての基礎、大切にしたいと思っています。

以前から疑いの目はもっていた(SacchanM)

以前から食品の表示に関しては、怪しいものがかなりあると感じていたため、買って食べてみて評価をくだすというふうにしていたので、今になって変わったということはありません。ただ生協とかは信用して買っているので、問題が起こるとショックです。

OTHERS

業界の端から見えること(くまりん)

食品輸入商社に勤めて10年以上になりますが、国内消費者の意識が非常に高い、と、いうよりは、高すぎることに疑念を持っています。加工食品の場合、日本の市場が求める安全値は、世界中のどの国よりもレベルが高く、これを実現するには、検査費や研究費が非常に高くつき、結果としては、「1500円のポテトチップス」が販売されてもおかしくありません。かたや、食糧自給率が既に40%を下回っており、輸入食品に頼らないことには生存ができない、という厳しい現実もあります。土を生かし、作物を作ってくださる農家の方々が次々と離農していく現実。これは、わたしたちが「食とはなにか?」を真剣に考えず、手軽に、しかし、安全性だけは最高レベルの食品を求めてきた結果ではないかと思っています。現在の食を巡る問題の遠因は、自分で判断できなくなったエンドユーザー、というところにあるのではないでしょうか。本当に、食品業者だけがいけないのか、俯瞰的、総合的に、もう一度考え直す必要があるのではないでしょうか?

スーパーは消費者の意を汲んでる?(5th Elements)

たとえば日本ハムの製品を買おうとしても、スーパーから撤去されましたよね。とはいえ、すぐに「読者の要望にお応えして、取り扱いを再開」。なら撤去したのは、消費者の意ではなく、ただのポーズだったのでしょうか?考えてみれば、べつに食中毒を起こしたのではないし。不祥事が起こりすぎて、それに対する対応も混乱しているように感じます。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

利便性の恩恵を得る代わりに

「現在の食を巡る問題の遠因は、自分で判断できなくなったエンドユーザ」という投稿をいただきました。本来自然の状態で、食品の鮮度が落ちてゆき、食べられなくなる過程があって、食品の状態を見て食せるのかどうかを判断できなくなってきている状況や、そういったある意味、手間や経験を要する面倒なことを生産者側に任せきっているわれわれの責任も大いにあるのでしょうね。一年中いつでも必要なものが手に入るようになった現在の便利さの裏側には、本来可能でないことを可能にした無理のしわ寄せや、大量消費に対するつけが回ってきているような気がします。これらのリスクは、この利便性の恩恵を得ているわれわれが解決しなければいけない問題なのではないのでしょうか? 

今週みなさまのご意見をちょうだいして、これからの子どもたちや未来の人たちに恥ずかしくないように、必要なものとそうでないもの、YESとNOを自己の責任ではっきり伝えていきたいと感じました。食品は、保管状況が悪ければ、数日、数時間でカビが生えたり腐ったりするものですよね。そういったことが起こらないほうがおかしいといった認識を再確認する必要性もあると思います。また目に見えない有害物質の検査は、公的機関が確実に行っていただきたいと新たに感じました。

山口浩

山口浩

神戸北野ホテル総支配人

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english