自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/4/21(月) - 2003/4/25(金)
4日め

テーマ死ぬまでに食べてみたいもの、ある?

今日のポイント

「最後の晩餐」にあなたが食べたいものを教えてください

投票結果 現在の投票結果 y84 n16 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
玉村豊男
玉村豊男 エッセイスト 画家

インド人に日本のカレーを食べさせると、「とてもおいしいです。ところで、この料理はなんという日本料理ですか」と聞く……という笑い話(? )があります。まあ、そのくらい、違う、ということでしょう。インドへ……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

童話の中の食べ物を再現してほしい(ジョゼフィーヌ)

たぶん、その気になればどこかで買えるのでしょうが「宇宙食」って1回食べてみたいです。フリーズドライのカレーとか、フルーツとか、おいしいものではないんでしょうけどね……。でもそれ以外では、あまりお金さえ出せば買える食べ物には興味ないかな? それよりも童話にでてきた食べ物(お菓子の家とか、虎のホットケーキとか)を一流パティシエが作ってくれるとか、歴史上の人物が好んだメニューを当時のまま再現とか、珍しいものより夢のあるものが食べてみたいです。

映画の再現メニュー(Kylin・大阪・既婚・44歳)

少し前の映画で『バベットの晩餐会』というのがありました。一般の家庭に居る家政婦が、実は一流の女性シェフだった。一時期、再現メニューの試食会もあったようですが、もう一度、催されるなら食べに行きたいと思います。

福臨門のアワビ(はるたいママ)

死ぬまでに一度だけ、というなら福臨門のアワビが食べてみたい。とても高級で、目玉が飛び出るような値段らしいので。でも、もし死ぬまでにあと一度しか食事ができない、最後の食事、だったらやっぱり炊きたてのごはんとみそ汁、ぬか漬けに和食のおかずがいいな。

普通の家だからこそ気になる(らびりん)

インドの普通の家で食べるカレー。「日本のカレーはインド人が食べてもおいしい」と聞くが、ホンモノはどんなものなんだろう?

自分で見つけて掘り起こす(サコチャンアイチャン・大阪・パートナー有・38歳)

特に好物ではないのですが、土の中で命を育んでいるタケノコを、自分で見つけて夜明け前に掘り起こして、その場で生のままカブリつきたいです。

抵抗がありつつも(抵抗がありつつも)

どうしても抵抗があるが、あのドリアンを食べてみたい。

また食べる機会があれば(フィレリナス)

旅先で食べた料理です。ウィーンで食べたミラノ風カツレツ。シベリア鉄道に乗ったとき途中の駅で売っていたギョウザの皮で包まれた粉ふきイモ。ギリシャのサントリーニ島で食べた魚のグリル、「イアチキン」というオリジナル料理。イモギョウザはシンプルな味。でもシベリアに行くことはもうないような気がします。カツレツは塩とコショウで食べましたが、今度食べるときはソースを持参しようと思ったことを、思い出しました。でも、店の名前も場所もすっかり忘れているので死んでも食べらない気が……。ギリシャはたびたび訪れる国。店がなくなっていないことを祈るのみです。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

「料理は思い出である……」

インド人に日本のカレーを食べさせると、「とてもおいしいです。ところで、この料理はなんという日本料理ですか」と聞く……という笑い話(?)があります。まあ、そのくらい、違う、ということでしょう。インドへ行くと、道端でカレーやサモサを食べさせる屋台がありますね。家庭の中に入り込んでご馳走になるのは難しくても、そこらへんが「普通の味」に近いかもしれません。

かつて旅先で食べたおいしい料理、昔、子どもの頃に食べたお惣菜……もう一度食べてみたい、と思ってもかなわない幻の味、というものがあります。たとえその当時とまったく同じものが目の前に現れたとしても、いまのわたしは昔のわたしではないし、外国の街だって昔と変わってしまっている。同じ驚きと同じ食欲と同じシチュエーションは再現しようがありません。レイモン・オリヴェという名料理人が、こういったことがあります。「料理は思い出である……」と。だとすれば、美味は求めるものではなく、甦るものである、というべきでしょうか。

死ぬまでに食べたい、を、死ぬまでにあと一度しか食事ができない最後の食事、と考えると、また答えは違ってくるかもしれませんね。そろそろ、みなさんの「最後の晩餐」の理想のメニューを教えてくれませんか?

玉村豊男

玉村豊男

エッセイスト 画家

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english