自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/5/30(月) - 2005/6/3(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ医食同源を実感したことはありますか?

キャスター
美上みつ子
美上みつ子 マクロビオティック料理研究家

話題がマクロビオティックでなくても医食同源、薬食同源という言葉を近頃良く耳にするようになりました。これは薬も食も同じ源、つまり食は薬である、ということです。2千年ほど前の中国の医学書“皇帝内経太素“の中にある五穀、五畜、五菓、五菜、これらを用いて飢えを満たす時は食といい、病を治すときは薬という、との記載から生じたものだそうです。この思想は三国時代に中国から朝鮮半島に入ったものと考えられています。

思うに、その昔から各国の伝統食には少なからず同じような思想があったのではないでしょうか。病にかかったとしても今のようにレントゲンや抗生物質があるわけではなく、人びとは質素な日々の暮らしの中で病にかからないよう様々な工夫をしていたに違いありません。その中心となるのがなにより体を作る基礎になる“食”だったのでしょう。

グローバルな世の中になるにつれ、人間は体よりも舌が喜ぶ食を追及するようになりました。また、近代栄養学や社会経済の後押しもあって、それが豊かな食生活であり体に良いことだ、とさえ思われました。そしてその行き着く先が肥満や糖尿病、癌などの生活習慣病の蔓延です。

今、再び医食同源の思想に戻り、食による体質改善や体調の改善を試みている人が増えつつあります。今回は、健康を意識した食生活を送っている方、医食同源の思想を食生活に取り入れている方、食を通じて体質が変わったことのある方のお話を伺いながら、賢く健康を手に入れる方法を共に学ぶ機会にさせていただきたいと思います。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english