自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/1/10(月) - 2005/1/14(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
5日め

テーマ今年こそ、食生活を改善したい?

投票結果 現在の投票結果 y88 n12 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
美上みつ子
美上みつ子 マクロビオティック料理研究家

今回のサーベイでは、多くの方が、すでに食の改善を試みて成功していたり、こういうふうに改善したいがなかなか……と焦らず少しずつ改善をしたりと、多少なりとも食の改善に関心を寄せているのがよくわかりました。……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

できる限り自然食をずっと続けています(purplish・東京・パートナー有・50歳)

正確に言えば「食生活をさらに改善したい」というのが本音。子どもが生まれてからはずっと、出汁をとるとか、家ではできる限り自然食、もしくはそれに近いものにして、調味料も割高でも自然のものを選んでました。ここ数年は、毎朝定番の「自家製ヨーグルト」に黒ごまときな粉は「角さん助さん」状態。黒酢も随分前から愛用。ただ、これは結局、自分の衰えを自覚し、家人、友人も含め病気になったからというのがきっかけだったわけで、元気ハツラツできた、という人には無縁だったでしょう。もう1つ、仕事をしている家族たちいわく、外で食事といってもコンビニ食がほとんどというのが普通らしいので、「家ではできるだけ体によいものを」というのがまかなう方としての実情です。

嗜好品的なものに対する自己管理をしたい(春菜・埼玉・パートナー無・32歳)

親がきちんとした食育をしてくれたおかげで、体の声に耳を澄ませてそれに対応する食事をしているだけで、ほぼ健康に過ごせています。ただ、体調の悪いときに増した食欲が体調の回復後も惰性で続くようなことがあって、それでバランスが崩れることがありました。疲れたときやエネルギーが低下しているときに欲するものって、健康体のときにはいらないのですが、嗜好品として魅力があるので、どうしてもだらだら続きがちなのです。その辺りの自己管理を、今年はもう少しきちんとしていきたいと思っています。

1週間サイクルで調整する(おこ911・北海道・パートナー無・30歳)

毎回心がけているのは、食生活が乱れたなと感じたら、1週間サイクルで通常の生活(朝は、野菜ジュース、昼は手作り弁当、夜は8時以降飲食はしない)に努める!! ということ。できているときはよいのですが、年末年始など暴食してしまう機会が多いときにできないので……。会社に行っているときの方が実行できます。

炭水化物過多、ジャンクフードが問題(senjuan・岐阜・パートナー無・37歳)

どうしても炭水化物の摂取が多くなってしまうのは、食事の時間が短いせいかなと感じています。自分で台所に立つことは滅多にないですけど、用意してあるものですらあまり食べたい気がしないので、ついジャンクフードっぽいところにいってしまいます。

当たり前のことをできるようになりたい(pink coral・東京・パートナー無・20歳)

去年は夜バイトが終わってから12時過ぎにがっつり食べてしまうことがしばしばありました。いくら体を使ったとはいえ、体によいことはありません。今年はそういう当たり前のこと(夜遅くに食べない、腹八分目など)ができるようになりたいです。1つずつ確実に……ですね。

体調不良の原因は食生活しか考えられない(PECOE・大阪・パートナー無・32歳)

最近、体調を崩すことが多いのです。人間ドックを受診してまったく異常なしだったのは幸いでしたが、原因を考えてみると偏った食生活しか思いつきません。忙しいのを理由に外食で済ませることが多いのですが、野菜や果物を毎日食べるように改めようと思う今日このごろです。

NO

健康と食に費やせるお金と時間との均衡点(ドクトル・シマコ・京都・パートナー無・23歳)

まだ若いからかもしれませんが、食生活のせいで体調を崩したことはないので、今年も現状維持で行こうと思っています。これまで気を付けてきたことといえば、野菜をできるだけ多くとることと、品目が多くなるようにすることですが、毎度の食事でそれを実現するには限界があります。食事にこだわればこだわるほど時間もお金もかかります。自分の健康と、食事に費やせる時間とお金との均衡点が今の状態なのです。

できる範囲でよくしていくだけ(wakano)

食生活の現状が完璧ではないですし、特段よい食生活を送っているとは思ってはいないのですが、あえて「今年こそ改善しよう」とも思っていません。できるだけ好ましい食材を買うようには気を付けていますが外食をすれば元の木阿弥にもなりますし、できる範囲でよくしていくだけだと思っています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

健康と美が手に入るかどうかは考え方と工夫しだい

今回のサーベイでは、多くの方が、すでに食の改善を試みて成功していたり、こういうふうに改善したいがなかなか……と焦らず少しずつ改善をしたりと、多少なりとも食の改善に関心を寄せているのがよくわかりました。いずれにせよ食は人を作り、よい食は人を満足させることができ、また人生を楽しむためには不可欠なものであることを再認識させられました。

今回は、食事が大切とはわかっていてもそれに費やせる時間とお金の均衡点が問題、というご意見もありました。でもちょっとした手間と工夫で妥協点が見つかるかもしれません。たとえば、いまのように寒い時期なら大根、人参、白菜、春菊など季節の野菜とワカメを鍋に入れ、水とお米、お豆腐や残り物があれば加えて、煮えたら味噌を入れ味噌雑炊にしたり、お米は入れず具たくさんの味噌汁を作り、おいしいお漬物でご飯を食べたり。たまにはチャーハンにするのもよし、パスタやおそばに変えてみるのもよし。こうすれば、1つのお鍋でお金も手間もさほどかからずに、心も体もぽかぽかになる満足度の高い健康食がやる気次第でいくらでも考えられます。そのときに余裕があれば、ちょっとテーブルの上を素敵にアレンジしてみたりすれば、なおよし、です。

ウイークデーはお付き合いや仕事でなかなか食事のことまで完璧にできない、とおっしゃる方は、せめてウイークエンドだけでも、内臓をこころゆくまで癒してあげましょう。週末だけのプチダイエット、ということで毎日簡単だからと食べているものを一切止め、一日2食にして動物性たんぱくを抜き、油抜きの食事をするのです。その際、主食はなるべく精白していないものにすれば、多少炭水化物の摂取が多いからといって太る心配はありません。

健康と美が手に入れられるかどうかは、私たち自身の考え方にかかっていると思います。もちろんそれがすべてではないだろうし、何事も完璧にはいきませんが。食が健康に結びついていると感じているあなた、病気になってから慌てるより、毎日のちょっとした気配りで余裕のある素敵な人生にしたいものですね。

今回も参考になるご意見をたくさんありがとうございました。

美上みつ子

美上みつ子

マクロビオティック料理研究家

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english