自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/9/23(月) - 2002/9/27(金)
5日め

テーマ料理は栄養よりも、まず味ありき?

今日のポイント

いろいろな選択肢があるから、食というものが広がっていく。

投票結果 現在の投票結果 y79 n21 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
ケンタロウ
ケンタロウ 料理家 イラストレーター

栄養や楽しみから広がって、話は食べることの価値まできました。食べる時のシチュエーションや時間、速度はとても大事だと思います。じゃらふさんもおっしゃっているとおり、安い食べ物が悪いなんてことではまったく……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

食べることに興味のない人増えてませんか?(じゃらふ)

しどさんのように素材を味わう食生活をしていれば、手間がそれなりにかかると同時に、食に対してもきちんと考えられているのだと思います。しかし、さして努力もせず安く(59円バーガーとか……)食べ物が手に入ると、食べ物の価値と同時に食べるという行為の価値も下がっているように感じます。安い食べ物や加工食品がいけないということではなく、食を楽しんでいないから、食べることが疎かになってきているのではないでしょうか?ようは、食べる時のシチュエーションや時間、速度……といった食べ方が重要なんだと思います。だから、健康志向・手作り志向に行く前に、「食べる」という行為を楽しむようにすれば、食べ方も変わってくるのかな?と思います。少なくても面倒くさいから食べない、なんて考え方は少なくなると思う。

嫌いなものはどうなの?(explorer)

好きなものを食べたほうが栄養になる。とても説得力があると思います。たとえばスポーツでも、同じ時間練習するなら好きな人のほうが早くうまくなります。仕事だってそうですよね。才能って結局それがどれだけ好きかってことだと思う。でも、嫌いなものはどうなんでしょう。食べなくてもいいのでしょうか?ちなみに子どもみたいですがわたしはグリーンピースと椎茸が嫌いです。グリーンピースはともかく、椎茸は体によさそうだけれど、食べなくてもいいのかな?

色とりどりで見た目もおいしく(福うさぎ)

料理って味もそうですが、目でも味わうじゃないですか、赤、青、緑、黄など彩りよく作られた料理っておいしいし、栄養バランスも良いと思うので、料理するときはいちいち栄養を考えてるのも大変なので、彩りを考えて作ったりはします。外食の場合は野菜不足になりそうだから……、とサラダつきのメニューを選んだりしますが、あまり深く考えず、食べたいものを選んでいます。

旬の地物を、地元で味わう(しど・大阪・既婚・35歳)

今、産休で里帰りしています。毎日の食事がおいしいので体重が増加し、産婦人科で注意されました。実家のメニューはこんな感じです。庭で取れる栗(すごい大粒)と、ご近所の農家からいただいたコシヒカリの新米と餅米で栗ご飯、これまたいただいた大根菜を富山湾の海洋深層水で浅漬けにした漬物、近くの漁港で水揚げされたタラと地物のごぼうで味噌汁……。いかがですか?旬の地物を、地元で味わう。最高の贅沢です。内容は質素かもしれないけど、滋味深く、栄養もあって一挙両得ですね。

足りないものを教えてくれる能力(わんふう・東京・未婚・22歳)

体調によって、口にしたい味は変わりますが、食べたいものをおいしいと思って食べていれば、精神的、肉体的にもいい食事になるのではないでしょうか。毎日、ファーストフード(ハンバーガーやカップラーメン)を食べていた時期もありましたが、あるとき不意に、野菜が食べたくなりました。すぐに小松菜を煮ました。おいしかったです。生き物として、人間の身体には、足りない栄養素を、身体に教えてくれる能力があるのではないかと思っています。空腹になったら、その時に食べたいものを上手に料理できる人になりたいです。

旬の素材をおいしくいただく(春待月)

栄養をきっちり考えた料理よりも、旬の素材を季節を感じながらおいしくいただくこと。こちらのほうがよっぽど身になるように思います。たまには、それがあまりにおいしいと「生きててよかった」とささやかな幸せに包まれることもありますし。

おいしく食べて初めて……(ゆたんぽ・福井・既婚・35歳)

どんなに栄養面に優れていても、まずは美味しいと感じて食べなければ、栄養の効果が半減してしまうのではないでしょうか。それが一番分かるのが子どもです。栄養があるってだけでは、嫌いなものは食べません。でも、子どもがおいしいと感じるように、味付け・調理法を工夫すれば食べてくれます。やっぱり、舌で感じるおいしさって大切だとわたしは思います。

バランスが良くないとおいしく感じない(yayas・大阪・既婚・31歳)

どんなにおいしくても、栄養バランスが良くないことに気づいたとたんおいしくなくなってきます。というよりも、わたしの場合先に栄養バランスありきで、次に味ですね。だから、外食でも自分が本当に食べたいものを選べない! 悲しいかな栄養士の職業病でした。

感謝、感謝のおいしい(naonao0701)

おいしいモノをいただいたとき、豚サンありがとー、海老サンありがとー、葱サンありがとー、とか言ってしまいませんか?植物でも動物でも、生きていたモノたちをいただくのですから、心から感謝して、できる限りおいしくいただきたいです。ついつい、そのありがたみを忘れがちですが……。

まずは気持ち。そして味。(コルク・既婚・32歳)

体調も気分もいいときは、焼肉やステーキなどの肉類を食べたいと思うことが多いです。逆に疲れていたりすると、あっさりとした野菜スープがいいなと思います。しかし、そのどちらもおいしくなければ食が進みません。重要な仕事のときなど、体調を崩してはいけない場合は栄養を第一に考えますが、まさに燃料を補給しているみたいで味気なく感じることもあります。気持ちに余裕を持って食卓につくことも、おいしく栄養をとるために大切だと思います。

NO

すっかりヘルシー派(ストック・既婚・27歳)

以前は焼肉最高! カツどん大好き! でもやせてるもーん、健康だもーん、てな感じで食生活を楽しんで(?)いました。でも、結婚と同時に海外生活で欧米人のこってりした食事から、いかに和食がヘルシーだったかに気づき、すっかりヘルシー嗜好の主婦になってしまいました。料理には野菜をたっぷり使い、しかも無農薬。外国人の主人にも和食を食べさせ……。だからといって、コレステロールばかり気にして出家僧のような食生活にはとてもなれませんが。

OTHERS

食べられるだけで感謝(いまいくん・埼玉・既婚・39歳)

念のため言っておくと、わたしはおいしい物を食べることが嫌いなわけではありません(笑)。ただ、そんなにおいしいことに執着しなくてもいいんじゃないの?って感じてるだけ。もちろんおいしい物を食べることは好きだし、心を豊かにします。が、そんなに毎度毎度おいしい物を食べなくてもなぁーと思ってるのです。最近も、仕事が忙しくて「栄養補給&空腹を満たす」だけの食事が多いんですが、別にそれでも不満はないですね。食べられるだけで感謝! 

昨日までのみなさんの投稿を読んで

食べられるだけでも感謝!

栄養や楽しみから広がって、話は食べることの価値まできました。食べる時のシチュエーションや時間、速度はとても大事だと思います。じゃらふさんもおっしゃっているとおり、安い食べ物が悪いなんてことではまったくなくて、食べ手の姿勢や気持ち次第で、食べるという行為の価値は大きく変わると思います。

必ずしも、じっくり手間をかけて作って、じっくり時間をかけて食べてこそ、食べるという行為に価値が生まれるというわけではないし、大急ぎの59円のハンバーガーだって、十分食べるという行為に価値のある、楽しくいい時間を過ごすことは当然できると思いますようは食べ手の気持ちひとつ。食べる楽しさを大事にする姿勢ひとつだと思うわけです。食べる、という行為にはいろんな楽しみ方があって、ファーストフードにはファーストフードなりのジャンクな楽しみというのがあるし、じっくり作ったものには心落ち着く穏やかな楽しみというのがあるわけで、そのどれもを、それこそバランスよく楽しみたいと俺は思っています。面倒くさいから食べない、なんて、さびしいかぎりですよね。

さて、では嫌いなものはどうしようか。グリーンピースぎらい。ま、極端に言えば、嫌いなものは別に食べなくてもいいと思うけれどね。もう大人なんだし。グリーンピースを食べなければ死ぬというわけでもないしなあ。ちびっこにはまんべんなくいろんなものを食べてもらいたいと思うけれど、それはいろんな味を知っていてもらいたいからで、その結果大人になってなお、味をよく知っていてなお、グリーンピースが嫌いとなるとなあ、もうそれは相性のモンダイだよなあ。だから無理には食べなくてもいいと思います。無理に食べてもらっても、グリーンピースだってうれしくないだろうしね。

嫌いなものを我慢して食べてカラダは健康、というのと、好きなものを食べてココロは満足というのと、どちらを取るかというのは難しい問題だし、もちろんバランスもよくて味も最高ってことだって十分に可能なだと思うし、最初に言ったとおり、そもそもすべては自分で決めればそれでいいことで、「栄養と味」にしたって、解答はそれぞれが見つけることなのだと、改めて思いました。何がタダシくて何が間違っているということではないからね。人によっては健康で長生きだけが幸せというわけじゃないだろうし、好きなものを好きなように食べて短い人生でも幸せという人だっているかもしれないし、もし自分の食生活を後悔することになったとしても、すべては自分の責任で選んだ結果だからね。食べる楽しみを優先するのも、栄養を優先するのも、どちらも両立させるのも、みんなそれぞれの自由。だからこそいろんな選択肢が世の中にはあって、食というものが広がっていくのだよなあ。でも、それもこれもとにかくすべては食べられるという環境あってのこそ。だからまずは食べられるだけでも感謝! です。そうですよね? いまいくん。

ケンタロウ

ケンタロウ

料理家 イラストレーター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english