自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/9/23(月) - 2002/9/27(金)
3日め

テーマ料理は栄養よりも、まず味ありき?

今日のポイント

ようは気分のモンダイだとは思うけれど、それが食事には大事!

投票結果 現在の投票結果 y79 n21 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
ケンタロウ
ケンタロウ 料理家 イラストレーター

たしかに、わんふうさんの言うように、人間には足りない栄養素を教えてくれる能力のようなものがあるとおれも思います。病気の時などに「治ったら◯◯を食べたい、◯◯も食べたい」と思うのは別にして、その時に「食……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

足りないものを教えてくれる能力(わんふう・東京・未婚・22歳)

体調によって、口にしたい味は変わりますが、食べたいものをおいしいと思って食べていれば、精神的、肉体的にもいい食事になるのではないでしょうか。毎日、ファーストフード(ハンバーガーやカップラーメン)を食べていた時期もありましたが、あるとき不意に、野菜が食べたくなりました。すぐに小松菜を煮ました。おいしかったです。生き物として、人間の身体には、足りない栄養素を、身体に教えてくれる能力があるのではないかと思っています。空腹になったら、その時に食べたいものを上手に料理できる人になりたいです。

旬の素材をおいしくいただく(春待月)

栄養をきっちり考えた料理よりも、旬の素材を季節を感じながらおいしくいただくこと。こちらのほうがよっぽど身になるように思います。たまには、それがあまりにおいしいと「生きててよかった」とささやかな幸せに包まれることもありますし。

度を越さなければ……(めぐ・東京・未婚・39歳)

やっぱり、おいしいと思って食べたものでないと、身にならないような気がします。たしかに、塩分、糖分、化学調味料の摂りすぎは身体に悪いとは思うけれど、度を越さなければ、おいしく食べるほうをわたしは選択する。

いざという時は肉!(taratta)

仕事でトラブルに巻き込まれたとき、自分の気持ちを立て直すためにカツ丼を食べます。普段は焼き魚や煮魚定食が中心ですが、肉をどんぶり飯で食べるとパワー充電120%! とにかく働くか! という気分になります。逆にご飯ものどを通らないほどのときは、自分で体勢を立て直せないほどまいっています。

自然に食べたくなるものを食べる(Maja)

わが家では週に和食を3回、洋食を2回、中華を2回とローテーション組んでいます。四季の移ろいを感じ、旬の味覚を自然にとっていれば、おいしい健康食になると思います。毎日同じものを食べるのではなく、海の幸、山の幸を楽しめれば、自然にバランスがとれるようになるはず。まずは楽しく食事をすることが健康の元ですよね。ケンタロウさんの言うとおり、健康食ばかりでは食がすすまない。自然に食べたくなるものを食べています。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

食事の時の気分は大事

たしかに、わんふうさんの言うように、人間には足りない栄養素を教えてくれる能力のようなものがあるとおれも思います。病気の時などに「治ったら◯◯を食べたい、◯◯も食べたい」と思うのは別にして、その時に「食べたい! 」と思うものは、少なからず体が欲しているものであることが多いと思うからです。ただ、もし体が野菜のような優しい味や成分のものを欲していたとしても、毎日ジャンクフードでそもそも野菜の料理なんて選択肢にないとしたら、そんな体の信号に対応できないし、もしかしたら気づかずに通り過ぎてしまうことだってあるかもしれないので、日頃のバランスはやっぱり無視はできないとも思うのです。春待月さんやMajaさんをはじめ、旬を意識していれば、という意見も多かったなあ。

たしかに、日本は季節がはっきりしていて、それぞれに旬のおいしいものがあって、うれしくなるね。それに、旬のものは体に対しても、とても理にかなった作用がある場合が多いから、そういう意味でも自然というのはすごいよなと思し、自分自身も常に旬は意識しています。tarattaさんの「いざという時は肉! 」というのも最高。おれがちびっこの頃、小林家では風邪など病気のが治った時には牛肉と決まっていた。治ったばっかりで急にステーキなんて体がびっくりしそうだけれど、牛肉は意外に消化吸収がわるくないらしい、などということを抜きにしても、ガツンッとパワーが出る気がして、肉に最後もうひと押ししてもらって、すっかり元気になったもんです。

ようするに気分のモンダイだとは思うのだけれど、でも食事の時の気分は大事で、ゆたんぽさん、どりゃさん、めぐさんの言うように「おいしく食べてはじめて栄養になる」という意見はものすっごくもっともで、首をぶんぶん振ってうなずきました。はい。「栄養と味は両立する! 」という意見にも大賛成。あんまり栄養栄養考えすぎなくても、色のバランス、歯応えのバランスなどを取っていれば、食べるのが楽しいのはもちろん、結果きちんと栄養のバランスも取れるし、実際の食卓はそういうものだと思います。

ケンタロウ

ケンタロウ

料理家 イラストレーター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english