自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2002/9/23(月) - 2002/9/27(金)
2日め

テーマ料理は栄養よりも、まず味ありき?

今日のポイント

おいしく食べれば、栄養も摂れる?

投票結果 現在の投票結果 y76 n24 これまでの投票結果の推移
凡例
キャスター
ケンタロウ
ケンタロウ 料理家 イラストレーター

料理と栄養はけっして切り離せないものだけれど、だからといって、栄養のバランスさえ完璧ならば、カロリーが低ければ、コレステロールが少なければ、まずくてもいいということにはならない。極端な健康食、自然食志……

コメントの全文を読む

これまでに届いているメンバーからの投稿

YES

おいしく食べて初めて……(ゆたんぽ・福井・既婚・35歳)

どんなに栄養面に優れていても、まずは美味しいと感じて食べなければ、栄養の効果が半減してしまうのではないでしょうか。それが一番分かるのが子どもです。栄養があるってだけでは、嫌いなものは食べません。でも、子どもがおいしいと感じるように、味付け・調理法を工夫すれば食べてくれます。やっぱり、舌で感じるおいしさって大切だとわたしは思います。

バランスが良くないとおいしく感じない(yayas・大阪・既婚・31歳)

どんなにおいしくても、栄養バランスが良くないことに気づいたとたんおいしくなくなってきます。というよりも、わたしの場合先に栄養バランスありきで、次に味ですね。だから、外食でも自分が本当に食べたいものを選べない! 悲しいかな栄養士の職業病でした。

おいしくないと栄養にならない(どりゃ・未婚・31歳)

わたしは、病院の栄養士です。患者さまにお出しするお食事は、きちんと栄養価計算されたものですが、見た目に美しく、おいしくなければ召し上がっていただけません。食べていただけなければ、当然その栄養は患者さまの身体には入らず、生ゴミバケツに入ることになってしまいます。わたしたちも味をとても大切にしています。栄養と味を分けて考えることはできないと思います。おいしく食べて、心も満たされてこそ身体の栄養になると思っています。

NO

すっかりヘルシー派(ストック・既婚・27歳)

以前は焼肉最高! カツどん大好き! でもやせてるもーん、健康だもーん、てな感じで食生活を楽しんで(?)いました。でも、結婚と同時に海外生活で欧米人のこってりした食事から、いかに和食がヘルシーだったかに気づき、すっかりヘルシー嗜好の主婦になってしまいました。料理には野菜をたっぷり使い、しかも無農薬。外国人の主人にも和食を食べさせ……。だからといって、コレステロールばかり気にして出家僧のような食生活にはとてもなれませんが。

OTHERS

栄養と味は両立すると思う!(Sisly)

和食は、何か一品をどんと食べるわけではないので、献立やコースとしていただけば、栄養が偏らずにおいしいっていうことが可能だと思います。家での材料を吟味したごはんは、意識しなくてもバランスを考えるし、味と栄養のどちらかに偏るってことはないと思います。

昨日までのみなさんの投稿を読んで

料理と栄養はけっして切り離せないものだけれど、だからといって、栄養のバランスさえ完璧ならば、カロリーが低ければ、コレステロールが少なければ、まずくてもいいということにはならない。極端な健康食、自然食志向が必ずしもカラダにいいとは言い切れないと思うし、バランスばっかり気にしすぎるのはなんだか味気なくって楽しくない。とはいっても、あんまりバランスが取れていないというのもやっぱりおかしいし、栄養を無視したとしても、うまい肉のおかずも、うまい野菜のおかずもどっちもバランスよく並んでいる食卓の方が絶対うれしい。

完全有機栽培の野菜や穀物の滋味深い味を噛み締める毎日で血はサラサラ、という人には、焼き肉にガッつく瞬間の血のたぎるような興奮とヨロコビはないかもしれないし、今日は焼き肉、明日はカツ丼、あさっては天ぷらで毎日血がたぎっちゃって最高、という人は、血はドロドロで、もしかしたらいつか病気に苦しむことになるかもしれない。血がサラサラでも病気にかかることもあれば、血がドロドロでも100才まで生きることだってあるだろう。

そもそもの食品の安全ということだって気になるし、ダイエットや健康診断の結果もアタマをよぎる。でも、料理には栄養やカロリーだけでは表せない、カラダじゃなくてココロに効く部分だってたくさんあるし、それを楽しめることこそが幸せだとも思う。本来の健康的な肉体維持のための食事と、本来の食べる楽しみ、いわば快楽の部分とのはざま。まあ、ほんとはそんなことは各自が勝手に考えて決めればいいことだし、人それぞれのポリシーや健康状態や気分によって、いろんなヨロコビや満足があるわけだから、各自が各自の判断で幸せでありさえすればそれでいいとは思うけれど、でもだからこそ、広く考えを聞いてみたい。

ケンタロウ

ケンタロウ

料理家 イラストレーター

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english