自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2003/6/23(月) - 2003/6/27(金)
1日め

テーマイラク支援法案を支持しますか?

今日のポイント

自衛隊派遣は日本ができる最善の貢献策なのか?

投票結果 現在の投票結果 y34 n66
凡例
キャスター
大谷昭宏
大谷昭宏 ジャーナリスト

延長国会の焦点になりそうなのがイラクに自衛隊を派遣する「イラク人道復興支援措置法案」、いわゆる「イラク支援法案」です。政府・与党は有事法制の成立にあわせるかのように「イラク支援法案」を提出、会期の延長を強行してまで、成立を急いでいます。

法案は、自衛隊の活動内容をイラク国民への人道支援、治安維持にあたる米英軍の後方支援などと想定しています。しかし復興支援とは名ばかりで、「先ずは自衛隊派遣ありき」ではないかという疑問の声も根強くあります。PKO法、テロ特措法、自衛隊の海外活動の枠は広がりつつあります。

「イラク支援法案」では、テロ特措法でも除外された武器や弾薬の輸送を行う活動も盛り込まれました。しかも「非戦闘地域での支援に限る」としていますが、現地の米軍司令官が「イラク全土はまだ戦闘地域」と指摘したように米軍への襲撃でいまも多数の犠牲が出ています。非戦闘地域、戦闘地域という線引きは曖昧です。

こうした批判の一方で、イラクへの自衛隊派遣は国際的な責任だとの意見もあります。アメリカのブッシュ政権は、「ブーツオンザグラウンド」と地上部隊の派遣を求めました。

さらに、アーミテージ国務副長官はイラク支援を野球に見立て、「湾岸戦争で日本は野球を観客席で見ていただけだった。観客席からフィールドに出るべきだ」と求めました。彼は、同時テロ後の「ショーザフラッグ」発言で、テロ特措法の成立に大きな影響を与えた人でもあります。

それにしても、イラクの復興を国際協力して支援しようという動きのなかで、自衛隊を派遣することだけが、日本のできる最善の貢献でしょうか。みなさんはこの「イラク支援法案」をどう考えますか。ご意見をお聞かせください。

あなたの声を意見を、さらに大きく活かすコミュニティにご参加ください

企業・官公庁がewomanリーダーズの声を求めています。一人ひとりの声をカタチにして、企業・官公庁に伝える。それがイー・ウーマンとewomanリーダーズの活動です。ぜひ登録を!→詳細と登録

今週のサーベイラインナップ

現在進行中のテーマはこれ! 今すぐご参加を!


e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english