自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2004/9/6(月) - 2004/9/10(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ防衛のためには米国に従うしかない?

今日のポイント

アメリカにどこまでついていきますか?

キャスター
弘中百合子
弘中百合子 『ロゼッタストーン』

8月13日に起きた沖縄国際大学への米軍ヘリコプター事故では、事故後に米軍が現場を封鎖し、沖縄県警は現場検証を行うことができませんでした。日本の大学であるにも関わらず、まるで「治外法権」のような状況に納得できなかった人は多いと思います。

2001年9月11日の米国同時多発テロ以来、米国の突出した行動が目立つようになりました。日本は小泉首相とブッシュ大統領の親密な関係もあって、イラク戦争に関しても一貫して米国を支持し、行動を共にしています。

日米の関係については、さまざまな考え方があります。

1)世界で唯一の超大国となった米国と良好な関係を保つことが、防衛上も外交上も望ましい

2)日米安保体制は今のままでも、時には米国と衝突することがあってもいい

3)米国一辺倒ではなく、アジアのなかでも安全保障体制をつくるべきだ

4)独立国家として、日本独自の防衛体制をつくるべきだ

5)憲法9条の精神を大切にし、日本は軍隊のない国をめざすべきだ

などなど。

現状のような米国追随を支持する人は、「北朝鮮のミサイルの脅威を考えると、米国と密接な関係を保つことがなによりの国益」「日本の自衛隊だけでは国を守れないので、米国と足並をそろえることは必要」と考えている人が多いように思います。

ここ数十年、防衛については、ほとんど何も考えなくてよかった幸せな時代が続きましたが、そろそろわたしたちも、自分の国の防衛体制について、考える時期が来たように思います。

すぐには結論が出ない難しい問題ですが、今回は米国とのつきあい方を中心に、日本の防衛について考えてみたいと思います。みなさまのご意見をお聞かせください。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english