自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談


ホーム > サーベイリポートデータベース

ewomanサーベイリポートデータベース

サーベイ

2005/4/4(月) - 2005/4/8(金)
1日め:テーマの背景 | 2日め | 3日め | 4日め | まとめとリポート
1日め

テーマ病院やドクターの情報を集めて病院を選んでいますか?

キャスター
藤田正美
藤田正美 元『ニューズウィーク日本版』編集長

先日、東京医科大学のある医師に関して、外部調査委員会が「未熟」との結論を出しました。この医師が手術した心臓弁膜症の患者20人のうち3人が亡くなったそうです。これは全国の平均よりはるかに高い死亡率だといいます。新聞報道によると亡くなった患者の遺族は、「大きい病院なので間違いないだろう。先生にまかせて大丈夫だろうと思っていた」と語っています。病院側は医師にトレーニングを積ませるつもりだったのかもしれませんが、もしそうであれば経験豊かな医師をつけるとか、それなりの準備をしてもらわないと患者はたまったものではありません。

風邪を引いたというような病気ではなく、それなりに深刻な病気にかかったとき、私たちはどうやって病院を選ぶのでしょうか。口コミで情報を集めたり、評判をネットなどで調べたり、あるいは専門医の数や術例の数などを調べたりすることはできます。でもたいていの場合、医師を選んだりはできません。なぜならそうすることで、他の医師を敵に回すことを恐れるからです。今でもセカンドオピニオンなどと言い出すと、とたんに機嫌の悪くなる医者がいるそうです。病院を移るというようなこともなかなかしにくいのが現実です。

しかし、医師にとってはたくさんの患者であっても、患者にとってはたった一回のチャンスかもしれません。医師にとってはリスクという数字でしかなくても、患者にとってはそれこそ「生死」をわける手術です。そこをわかってくれる医師がどれぐらいいるでしょうか。皆さんは、自分や家族が大病をしたときに、病院や医師の情報を集めて入院する病院を決めましたか。あるいはもしそういう場面になったら、情報を集めて入院先を決めようと思いますか。

e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
佐々木かをりのブログ 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english