自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第105回 正岡 裕志さん

win-win

105
正岡タオル株式会社代表取締役社長
正岡 裕志さん

メーカー冥利に尽きる

佐々木

タオルの品質がいいだけでなく、たぶん正岡社長のそういうお人柄や責任感も、お客さんを引きつけるんでしょうね。でも、ホテルなどは、品質で注意されることがあるわけですよね?

正岡

そうですね。自然と、ものづくりの部分で、ある程度、どこのホテルがどんなものを使っているかっていうのは、大体網羅しているんですね。あとは、やっぱりパイル、重さ、どういう糸を使うぞっていうのは、やっぱりお題は決まったから、後はどう請け負うべきかっていうのが、私どもの提案で。

時には、あるホテルのタオルを作って、先方のリクエストに応えて作ったら、打ち込みを入れすぎて、「あれ? これは硬いんじゃないの?」って僕は思ったんですけど、向こうがこのタオルを気に入った、と。でも、洗っていくうちに、よけいに締まっていくから、また硬くなって。

で、「正岡、どういうことや?」って言われたんですけど「いや、おたくが言ったから、こう作ったんですよ」って。でも、次に作るときに、僕は、その経験があったから、「横糸を、とにかくちょっといじらせて下さい」と。「今回は僕は、こういう風に作りたいんだ」って言って、それはもう通します。それが逆に喜ばれますしね。

結果は、「いいことを言ってくれたね。いいアドバイスしてくれたね。ちょうどよくなったよ」って。「でしょ?」って。これはやっぱり本当に、作るメーカーの冥利に尽きるじゃないですけど、本当に嬉しかったですよね。

21/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english