自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

こういう度胸のあるお母ちゃんが、私は大好きでね

佐々木

でも、うかがっていると、これはきれい過ぎる言葉かもしれないけど、当然、先生がプロとして「これは大丈夫」って判断があって、やっていらっしゃる事じゃないですか。先生だって、本当に「これはまずい」と思えば、薬を与えるわけですよね?

毛利

それは、結構子供ってそういう事がありますから、出しますよ(笑)。あそこに薬も置いてあるでしょう。

佐々木

だから基本的に、「すごく深い愛情」と「大らかさ」っていうのが背景にあっての話ですよね。

毛利

ん……、まあ性格もあるかなあ。

佐々木

私の娘は、やっぱり上の子が3回ひきつけたんですが、初めてのとき救急車で。

毛利

ひきつけ、怖いよな。

佐々木

でも、私は見ていないんですね(笑)。仕事をしていて。

毛利

保育園で?

佐々木

2回とも自宅なんですけど、1回目は、高熱だったのでベビーシッターさんに預けて、私は会社に行っちゃったら、「ひきつけました。で、救急車呼びました」って。その時、救急車で運ばれるっていうのなら、もう焦ってもしょうがないので、「じゃあ、行き先が決まったら教えてください」って言って、取材を受けている最中だったので、最後まで続けて(笑)、それが終わってから、病院確認して行ったんですけど。

毛利

わあ、こういう度胸のあるお母ちゃんが、私は大好きでね(笑)。

佐々木

(笑)そうしたら小児科医に運ばれていって、行きましたらね、「すいません」って言うと、「お母さん、何していたんですか?」って言うから、「仕事から今駆けつけてきました」って言ったら、「こんな高熱のある子を人に預けて、あんた、よく働けますね」とか、小児科の先生が私を、皆のいる前ですごく怒ったんです。だから、すごく私、嫌な気持ちにね……。

毛利

僕も腹が立ってくる。そんな話を聞くと。うん。小児科の多くは、働く母親を嫌うんです。子どものために愛情を降る星のごとく注いで、一生懸命面倒を見る親がいいという考えなんですが、僕は逆で、放っておく親の方がいい親だと思うんです。

なぜなら、子どもにとっては、親がいろいろ自分の面倒をみている事は、うるさいですよね。ストーカーがついているようなもんですから。だから、あなたみたいに仕事をやっている方が、ストーカーがいないんだから。

佐々木

(笑)。だからやっぱり、今13歳になります娘が、いまだに、「一緒にお風呂に入ろうね」とか「手をつないで寝ようね」っていうふうになりましたね。求めてくれます(笑)。

毛利

結構、親思いになるでしょう?

8/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english