自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

自転車を買えって言いだしたの

毛利

親も「宿題は?」とか「忘れ物はない?」とか言うのは、あなたのためとか思っているんだけど、親は、宿題をしていなかったら将来ダメ人間になるんじゃないかとか、少なくとも学校で恥をかいて、可哀想だっていう親心で「宿題は?」とか言ってるんじゃないかな。

佐々木

あるいは、「親が監督していなかった」と、後で怒られるのがいやだからとか(笑)。

毛利

親の不安とか期待とかを満たせば、親は安心する。子どもは、その分迷惑を受けるんですね。

僕の上の子がね、小学校3年ぐらいの時に、ちょうど高度経済成長期で、モータリゼーションで自動車がバーッと東京なんかに増えちゃって、1日に自動車事故で20〜30人死ぬっていう、まさに交通戦争。戦争状態ですよ。

その時に、自転車を買えって言いだしたの、その娘が。でも、親にしてみれば、自転車を買う事は、殺すようなもんだと思うんでね。買え、買わない、で1ヵ月ぐらい親子げんかしていましたけど。

ふとある晩、すぐ酒の話になるけど、かみさんと酒を飲みながら、しんみりね、「買ってやらなきゃ、……自転車に関する事故については、僕らは安心するけど、あの子は、自転車に乗る楽しみを奪われている。それから、自転車に乗るスキルも得られない。それに友達で自転車を持っている子も結構いるから、友達関係も裂いてしまう。これは、この子のためじゃなくて、僕らのためだなあ」と思ってね、買いましたね。そりゃあ心配だけど、仕方がないですね。

佐々木

そうですよね。

毛利

だから僕は、「あなたのため」っていうのは、なるべく抑えるのが親の役目だ、と思ってます。医者も、そうですね。

7/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english