自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

小児科の教授が好きだったんです

佐々木

でも、先生が小児科を選ばれたのは、いつのことですか?

毛利

(笑)これはただ、小児科の教授が好きだったんです。良かったんです。他の教授たちは、例えば、患者の供覧といって、症例を見せる。入院している病人をストレッチャーで階段教室に連れてきて、「これが梅毒だ」とか「これが心臓病だ」とか、臨床講義っていうんですけど、やるんですね。僕は、それを見ていられなかったの。「気の毒だな、あの人。見世物にされちゃって」って。

ところが、小児科の教授だけは、最初の臨床講義の時に、婦長さんに「頼む、あの子を連れてきてくれよ」って。で、婦長さんが連れてきたんです、ガラガラッと。すると、「おっ、坊や、来てくれたか。今日はな、こいつら、お兄ちゃんたちが……」って、女の人は一人しかいなかったから、「お兄ちゃんたちが、はしかの勉強をしたがっているから、お前は、はしかだから、見せてやってくれるか?」「うん」「そうか。ありがとう」って。

それで、「ここを開けるけど、いいか?」って、いちいち聞くんですよ。で、「うん」って言ったら、「ありがとう」って。それから、その教授が好きになったんです。

精神科なんかは、ひどかったですよ。今は、だいぶ変わったけどね。本当に妙齢の娘さんを素っ裸にしてパンツまで脱がせて、大勢の男の学生の前で、教授がその女の人をトンと突くんです。そうすると、トントントントン、バタッと倒れる。で、「見たまえ、これがパーキンソンだ」って。「ひどい」って、僕はもう、見ていられなかったから、その場を逃げちゃったんですけどね。そういう教授が多かったんですよ。今はそんなことがないと信じていますけど。

だから、患者取り違え事件とかが起きるんですよ。そんなことは自戒しながらやっていますけど、知らず知らずのうちに、「先生と言われるほどのアホでなし」で(笑)、どういうひどいことをやっているか、自分じゃ気がつかないからな。僕も結構悪いことをしていると思いますよ。

27/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english