自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第107回 毛利 子来さん

win-win

107
小児科医
毛利 子来さん

子どもは、夫婦だけでは非常に難しいですね

毛利

第一、家族が核家族になっちゃって。「昔の母親はえらい、って。なぜか父親が出てこないんだけど(笑)、昔の母親はえらかった。5人も6人も、ひょっとすると10人も産んで育てた。今の母親は情けない。たった一人でヒーヒー言っとる」って言う人もいるんだけど、状況が違いますよね。

昔は大家族だから、じいさんばあさんはいるし、おじさんおばさんがいたり、子どもも3、4歳になったら、もう、下の子どもを背中にくくりつけられて遊んでいたでしょう? 近所の人も手伝ってくれますからね。

農繁期なんか、母親が、労働力ですから田んぼに出ているわけですよ。するとその間、近所のおばちゃんがまとめて面倒を見ているんですね。そういう育児共同体があったんです。それがなくなっちゃったから、非常に育てにくいですね。やっぱり、子どもは、夫婦だけでは非常に難しいですね。

佐々木

夫婦にとっても、心のよりどころがあるかとか、知恵が入ってくるかって、大切なことだし、そもそも出会いが少ないと、自分を評価する人が一人しかいなくなる。そういう不安に加えて、子どもにとっても、出会いが少なくて、ロールモデルというか、サンプル数がすごく少なくてっていうのは問題なんですよね。

毛利

それは、大変大事なことだと思いますね。だから年寄りを見て「汚いの」なんて言う。病人も、死にかけて重病になると病院に入っちゃうから、目の前からいなくなっちゃう。障害者は別建ての施設で育てる……。だからロールモデルというのが非常に限られちゃって。親と、学校の先生と、保育園の先生でしょ?

佐々木

出会いが少なすぎるんですよね。

毛利

だから、同じことをしても、怒る奴もいるし……。

佐々木

褒める人もいるし、みたいなのがいいですよね。変な話ですけど、小学校を選ぶときに、どの小学校でもいいと思ったのですが、まずは、人数の多いところに行きたいなと思ったんですね。いろんな人間がいるところ。生徒も先生も。で、いろんな人数がいれば、とりあえず、「この先生は、自分のことを怒るし、私はあの先生は嫌いだ。でも、この先生は、いつもニコニコしてくれて、私はあの人が好きだ」っていうのがあると、子どもが救われるというか、選びながら生きていけると思ったからなんです。

毛利

逃げ場ができるしね。

佐々木

はい。だから、クラス替えのない、1学年1クラスみたいな小学校に行っちゃうと、出会いが限定される可能性が高いと思ったんですね。

22/29

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english