自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第109回 杉山ちなみさん

win-win

109
アスレティック・トレーナー
杉山ちなみさん

テストに合格しないと「アスレティック・トレーナー」って名称、使えないんです

佐々木

高校時代に、スポーツに興味があるとか、雑誌を見てトレーナーという職業を知ったといっても、そこでトレーナーという仕事に突進していったのは、何だったんでしょう?

杉山

スポーツが大好きで、自分も体を動かすのが好きだったんですけど、環境的にも、自分の能力的にも、自分は選手じゃないんだろうな、というのを感じてたんです。

一時期、医者などの医療関係も、自分の中では考えた事があったんですけど、いかんせん高校が英語の学校だったので、医学は無理かなって。それで自分が動き始めちゃいました。

佐々木

高校2年で興味を持ったNATAっていうのは、どういう資格なんですか?

杉山

「National Athletic Trainers’ Association」っていうのがあって、今、株式会社になっている団体なので、国家試験じゃないんですけど、アメリカでは、そのテストに合格しないと、「アスレティック・トレーナー」っていう名称を使っちゃいけない、というものなんです。

佐々木

すごく権威があるんですね。それは、どういう試験があるんですか?

杉山

そのためのプログラムが大学にあるんです。大学での勉強を終えて、卒業して、実技というか、「プラクティカル」が、あの頃1,500時間とか1,800時間とかあるんですけど、それをクリアして、初めて、まず受験資格が得られるんですね。

それで、全部クリアして、受験をしました。私達の頃は「リトゥン・テスト」と「オーラル・プラクティカル」と「シミュレーション」がありました。「リトゥン」は筆記試験で、「オーラル・プラクティカル」というのは、4問だったか、出題されるんです。たとえば、「肘が悪い人に対してテーピングをしてください」とか「神経支配を何番から何番まで説明してください」とか「こういう怪我をした選手に対してのリハビリのメニューを作ってください」というのを、30分以内に全部答えなくちゃいけない。

2/25

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english