自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

始めるまでは好きではなかったんですよ

佐々木

そもそも何でバトンを好きになったんですか?

高橋

始めるまでは好きではなかったんですよ。

佐々木

そうなんですか。娘の小学校では、バトンを回すことにあこがれる女の子が多くて、クラブも人気でした。

高橋

私の場合は、あこがれて入ったというよりは、全くバトンを知らずに、親に教室に連れていかれて、体験レッスンをして。断れなかったんですよ。

佐々木

真面目だから?

高橋

いえ、恥ずかしがり屋だったから。

佐々木

恥ずかしがり屋だから(笑)!?

高橋

やりたくないって言えなかったんですよ。

佐々木

それはお母さんに?

高橋

はい。

佐々木

恥ずかしがり屋だから、お母さんに言えなかったんだ。

高橋

はい、言えなかったんです。それで、こんなに長くやっているんですけど(笑)。

佐々木

面白い。それにしても、お母さんはどうしてバトン教室に? ちょっと珍しいですよね。家の近くにあったんですか?

高橋

そうです。私の記憶では、祖母が敬老会でバトンをやっている女の子を見てきて、ちっちゃい子が、こう、クルクル回していたよ、と。あれやってみないかって言われて、行ったと思っているんですけれど。ただ母は、宝塚歌劇団が大好きで、追っかけをしていて、学生のときに宝塚まで見に行ってしまうくらいの宝塚ファンだったんですよ。だから、そういうものが好きだったのかもしれないし、やらせたかったのかもしれないですね。

佐々木

でもそれなら「歌を歌いなさい」とか、「バレエを習いなさい」とかに行きそうですね。「バトンを回しなさい」って、あまり想像できないですよね。

高橋

聞かないですね。たまたま近くにあったからかもしれないですね。

佐々木

たまたま近くにあって、そして、恥ずかしがり屋だったからという理由で、ここまで続けてて、それも、今は、毎日大勢の前で回してるなんてね。

高橋

でもね、これに出会っていなかったらって思うんです。私、人の影に隠れて生きていて、全然苦じゃないというか、その方が心地いいタイプなんですよ、いまだに。だけど、それがいけないよと。

私、別に宗教家でもなんでもないですけど、どなたかが、どこかにいて、見てくださっていると思っているんです。その方が、「それでは、あなたはいけない」と。「何かもう1つ出なきゃいけない」って。それできっと私は、バトンに出会ったのかなと思うんですね。

佐々木

それは今になったから、そう思うんですか? それとも小さい頃に?

高橋

小さいときは、そこまで思っていなかったかもしれないですけど。でも、そういうふうには長く思っていましたね。

14/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english