自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

自分の口から好きというのが恥ずかしいくらい、好きかもしれないです

佐々木

アメリカに突然行くことになったときは、生活も職場環境もいきなり全部変わるわけですし、文化も言葉も違うわけだから、戸惑いも、きっとあったでしょう。

高橋

あると言えばあるし。でも今おっしゃって下さったように、まあ、それはそれでしょっていうところもあるんですね(笑)。

佐々木

それはやっぱり、バトンという強みがあるから違うんでしょうね。

高橋

それは本当に思いますね。私、本当にこれしかできない人間なんですけど、でも1つでも何かできることがあるから、自分でいられるということはあると思います。

佐々木

「コミットメント」という言葉があるでしょう。「本当に深い決意」であったり、「動じない」というか、「何があってもやり遂げるという強い力」があったりする意味だと思うんですけど。高橋さんの様子を拝見していると、「コミットメント」という言葉が、「この人!」というように、私には見えました。バトントワラーであること、バトンが好きだということ、……バトンを扱うことに関しては、私の右に出る人はいないでしょうという強い意志というか。だから、どこでも関係なく仕事に没頭していけるものなのかなと。

高橋

本当ですか(笑)。でも、そうかもしれないですね。

佐々木

ブログもバトン以外のこと書いてないですものね。本当に好きなんですね。

高橋

もう好きというのが、自分の口から好きというのが恥ずかしいくらい、好きかもしれないです。だから、あまり言いたくないんですよ、恥ずかしくて(笑)。でも本当のことを言うと、好きですね。

佐々木

そんな気は薄々感じてました(笑)。だけど、その好きっていう感覚は分かるような。やっぱり例えば、回しているときに、自由自在に動いていく感じが好きとか。

高橋

あのね、いろいろあるんですけども。

佐々木

どういうのが好きですか。何本持っているんですか?

16/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english