自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

今は舞台に立って面白い

佐々木

どういうのが好きですか。何本持っているんですか?

高橋

フルートは向こうで作って下さるので。でもまあ、10本くらい備えてあるのかな。バトンは、数えられないですね。いくつあるんだろう。これ折れたりするんですよ。

佐々木

体の大きさによって、当然違うんですよね?

高橋

そうですね。腕の長さでバトンの長さを変えるんですけど、今でも家に10本くらいはあるかな。

佐々木

お気に入りのバトンとかがあったりするんですか?

高橋

そうですね。バトンの端の形がメーカーによって違ったり、メーカーでも何個か種類の違うのを出していたり。あと太さが、大きくいえば2種類あるんですよ。これは太い方か。

佐々木

太い方なんですか。細く感じますね。……どんなところが好きなんですか?

高橋

例えば最初に、ある回し方をしてみようとしたときに、それができていく過程、「ああ、こうやったらいいのかな」とか「こうした方がやりやすいのかな」とか。それは違って「こうした方がいいのかな」とか、それを考えていく過程が面白かったり(笑)。いろいろとあるんですよ。でも、始まりはそこかもしれないですね。 その中でも今は舞台に立って面白い。それが、競技していたときと違って面白いというのは、なにかこう、お客さまが送って下さるエネルギーを感じられるようになってきた、感じられるときがあるんですよ。それで、私の体が動いているというか、動かして下さっているというか、そういう感覚が面白いときで。今一番の新しい面白さというのは、それかもしれないですね。

佐々木

ステージのダイナミズムなんでしょうね。肌で感じる。それが結局バトンの動きに変わっていくときのバトンが好きというか。

高橋

好きというか、幸せなんですよ。すごく、その空気が。

佐々木

そうでしょうね、きっと、ものすごく幸せだと思います。

高橋

ものすごくドキドキして、なんでこんなにドキドキする職業に就いているんだろうって思いながら、舞台に立つんですけれど。でもそういうのを感じて、自由の上にもっと自由に体が動いて、すごく幸せだなって思って。幸せだなって思う感覚、幸せだという言葉が出てくる不思議な感覚。

佐々木

すべてが通じるんでしょうね。拍手とか。

高橋

そういうときの感じが好きというか。

佐々木

満足感とか。

高橋

そうですね、満足感。そう、だからそれが幸せ。好きというよりは、幸せなのかもしれないですね。

17/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english