自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

「ノリコロール」とは呼ばれてはいなかったかな

佐々木

6歳から始められて、何歳くらいのときに、こういったことができるようになったんですか。それに、工夫をしていこうというアイディアとか。

高橋

基本があるんですよ。どれくらいかかるかは、人にもよりますけど、基本の回し方というのをこなしていって、ある程度までできると、自分も「こういうふうにできるかな」「ああいうふうにもできるかな」という発想にも至るようになり。

佐々木

人がやったことのない動きとかに挑戦しながら練習するのはすごい楽しい? それで、ますます好きになっちゃったり?

高橋

そうですね。自分の名前が付いたりしてね。

佐々木

そうですか、名前が付くんだ。

高橋

基本的には、先ほども申し上げましたように、例えばこうやって親指で投げるのは、「サムフリップ」だし、手の平で転がしていたら、「ハンドロール」だし、英語が分かる人だったら、ただ、そのままの名前じゃないかっていうのが付くんですけど。 新しいものに関しては、最終的にはそういう、つまらない名前が付いたとしても、最初の頃は、例えば、ステイシーが考えたのが、「ステイシーロール」だったり、そういう名前が付いて。

佐々木

高橋さんは何て呼ばれているんですか?

高橋

私は普通に、ノリコです。

佐々木

じゃ、「ノリコロール」っていう、お菓子のような、お寿司のような(笑)、そういうのは、いくつか開発されたんですか?

高橋

今はもう、たくさんの人がやっているんですけど。こういうのがあるんですよ。基本的な。

佐々木

わ、実際に見せていただくと、すごく得した感じがするんですけど(笑)。

高橋

基本的に、こういう動きがあって。

佐々木

あり得ない!

高橋

これは撮らなくていいですよ(笑)。これは「カットバック」といって、基本的なものの、上級なんですけどね。基本的なものなんですけどね。これを私はここから……。ここから、ここに。こういうのもあるんです。

佐々木

すごい! それが「ノリコロール」。これは、対談を読んでいる方になんて説明したらいいでしょう。ごめんなさい、私は、説明できない。

高橋

「ノリコロール」とは呼ばれてはいなかったかな、これは。最初は私がやってたんですけど、今はみなさんやってます。

佐々木

他にもあるんですか?

19/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english