自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

バトンには、要素が3つあるんです

高橋

あと、これは私が考えたんじゃなくて、私の先生が考えたんですけど。このバトンではできないんですが……。バトンの端が、今これは星の形をしていますよね。バトンは片方ずつ、大きいのと小さいゴムが端に付いているんですよ。これが丸い形だと、それを利用して、フロアを転がすと、すーっと回って戻ってくるんです。それを利用して演技をして、それはノリコのオリジナルだって言われていたことがあったりして、必ずそれを入れて振り付けをしていた時期もありました。そういうのもあります。

佐々木

私、対談というよりは、観客になってます(笑)。

高橋

ちょっとバトンのことを説明すると、バトンには、要素が3つあるんです。1つは、「コンタクトマテリアル」。2つ目は「ロール」、3つ目は「エーリアル」というのがありまして。



「コンタクトマテリアル」というのは、体の近くでやるもので、「ロール」というのは、手でバトンを持たずに、体の一部を転がすもの。「エーリアル」というのは、投げるものなんです。例えば、投げて、こう1回、回ってこうする。バリエーションが付いてくるんですよ。



その「コンタクトマテリアル」の中に、先ほどのこういうフィンガーがあったり、フリップがあったり。これが今は、2回転しているんですけど、2回転以上で上がると、「エーリアル」。上がっている間にこんなふうに踊ったりとか。あとはバトンの端を持って回す、こういうふうに。これは「コンタクトマテリアル」。

佐々木

かっこいい。

高橋

「ロール」は、一番簡単なのは、こうやったり、これが2個になると、こうで。今日はセーター着てきちゃって、首が出てないので回せないですけど(笑)。首で回したり、手で握らないものが「ロール」。

佐々木

簡単そうだけど、できないですよね(笑)。すごい!

20/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english