自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第113回 高橋典子さん

win-win

113
バトントワラー
高橋典子さん

メダルを目指してやったことは、ないんです

佐々木

バトンをされている姿が本当に美しいんですね。本当に姿勢がいい。小さいときからバトンだけでなく、ダンスとかも一緒に習っていたんですか?

高橋

6年生のときに初めて世界大会に出たんですね。ジュニアの部で。そのとき、これは体操とバレエが必要だと思って、世界大会が終わってから、体操とバレエを始めました。器械体操の方はずっとやってはいないんですけど、バレエの方はいまだに、ずっとやっています。

佐々木

「恥ずかしい」という理由で、親に断れずに始めたとおっしゃるわりには、6年生で世界大会に出たり、やはりバレエが必要だなって、本格的に取り組もうとする決意は、やっぱり、始めたらすぐにほれ込んじゃったからなんでしょうね。

高橋

そんなにね、すごい好きっていうふうに思った記憶は、ないんですよ。

佐々木

真面目に考えていった結果なんですか。でも、世界大会に出るってすごいことですよね? 7回、金メダルですよね?

高橋

そうでしたっけ、はい。

佐々木

日本では、全日本17回で、金メダルは7回って、女子では誰も達成していないって。

高橋

そうなんですか?

佐々木

はい、そう書いてありました。

高橋

メダルを目指してやったことは、ないんですよ。自分が走って何秒とかっていう、そういう競技ではないので、その大会で自分が本番でどれだけできて、それを審査員が、どれだけ評価してくれるかという競技なので、メダルの色と、自分の気持ちと合わないことが多いわけですよ。

佐々木

なるほどね。

高橋

私はもう、これで精いっぱいの演技が今回はできた、それで銀メダル。私は心残りがある、でも金メダル。それは合わないんですよ。なので、そこでもし金メダルを目指していたら、それでも金メダルを取れたからって言って、辞められたのかもしれないですけど。私の場合は、自分の中の満足感が欲しかったので、それで何回も続けていくことになったというか、それだけのことなんです。

佐々木

それで、もっともっと満足度を求めて、シルク・ドゥ・ソレイユにたどり着くわけですよね。

21/26

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english