自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第119回 久保純子さん

win-win

119
フリー・アナウンサー
久保純子さん

大学に入ろうかな

佐々木

留学、考えますか? やっぱり。

久保

考えます。いつの時代も、勉強していたいと思います。

佐々木

そうですね。私も毎年、入学案内を取ったりしていましたけど。

久保

分かります。私も、夜間のバカロレアみたいな資格がほしいなと思って、大学に入ろうかな、と。通信教育とか。

佐々木

私も、子どもが大学に行くときに一緒に行こうかと思って。

久保

それ、いいですね。うちの母も、私が生まれる前に行ってるんですよね、父と結婚してから。なので、そこら辺は、まだ自分に夢を持たせてあげようかな、と。

佐々木

何を勉強したいですか?

久保

やっぱりコミュニケーションとか。日本語という言葉のコミュニケーションの面白さって、すごくあると思うんですけど、他の言葉も、その文化が入ったコミュニケーションの面白さがありますよね。ストレートに言わないとか、湾曲して言うとか、女性と男性の言い方の違いがあったり、その国々で宗教の背景があったり。コミュニケーションの文化と、文化の面白さというのを学びたいと思いますね。

佐々木

でも、意地悪な質問かもしれないけど、そうやって学習したことを何に還元するんでしょう。

久保

何にも還元しないと思います。いつも不安なんですよ。引き出しが空っぽになっていくことへの不安がすごく大きくて。特に、番組をやって、走り続ける期間になると、不安が増大するんです。自分の中身が、例えば1年前と今とで変わっているかというと、知識しかり。きっと何か変わっていることはあると思うんですけど、見えないのがすごく不安なんですよね。自分の言葉に表れていないことが。

佐々木

認識できないことが不安なんですね。

久保

いつも引き出しをいっぱいにしていたいんです。だから、本を読むこともそうですし、見聞を広げることもそう、旅行もそうですし、映画を見たり、文化的な活動に触れることもそうですし、その一つの大きな夢が、留学みたいな感じですね。これは、永遠のテーマだと思います。ずっとそんな不安を抱えながら、夢を追いかけて、いつか達成することを願いながらいくんだろうな、と思います。

佐々木

でも、まだ若いわけだから、お子さんが大学に行くようになったって、全然問題なく、一緒に勉強に行かれますよね。

久保

行きたいですね。

19/23

前のページへ 次のページへ
第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english