自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

鎖国している状態

佐々木

だからコミュニケーションというもののスキルや、人の巻き込み方や、意識、時間の感覚が、かなり学校と企業社会でずれているんですね。

藤原

だから、江戸の末期だよね。鎖国していました。開国を迫って外国人が入ってきました、みたいな。鎖国していたことでいい面もたくさんあったと思うんですよ、非常に文化的な爛熟時代を迎えていたと思うんだけど。初めて入ってきた外国人は、たぶん時間のリズムとテンポについては結構驚いたんじゃないかと思うよね。それと同じような感じだと思う。まだ半分以上の先生と9割以上の校長が鎖国している状態ですよ。

佐々木

そうなると、藤原さんが実行された和田中の改革や変化が注目を浴びて、たくさん、いろんな人が見にきて、そこに新しい光を見て、こういうのを取り入れたいと思う学校が出てきていると思いますが、どんなふうに広めていったらいいのでしょう。 人を育てるという意味では、仕組みも重要ですが、誰がやるかも重要。私たちイー・ウーマン用語でいう、「有機的に、オーガニックにものを伝える人か」ということを考えると、ただ授業時間を45分にしたり、始めに読書を10分やるといいだけじゃないでしょう。もちろん見ないより見た方がいいし、取り入れた方がいいんですが、今後の広がりについて、どう思われますか。藤原さんをもってしてもね、いきなり1年目に「45分でやりましょう」って言ったら、きっとできなかったでしょう。

藤原

それは無理。

佐々木

やはり4年目、5年目でかかった。藤原さんのスキルと人格とエネルギーをもってして、5年じゃないですか。

藤原

ただ創業するのに5年かかっただけの話なので、スタイルとして、ある程度できちゃって、しかも僕がちゃんと文字化したりしていますよね。ある部分でシステムになっていて、それを文科省が、今年50億円の予算を取って、全国に和田中をモデルとした「地域本部」のシステムを普及させます。一応オフィシャルな保証もついて、しかも一方で、その地域本部をどうつくるかというマニュアルもできていたり、ウェブサイトの「全国[よのなか]科ネットワーク」を見てもらえば、ビデオとかみんな見られます。お膳立てができてますから、マネをしたいと思う人にとっては、3年でできたとしても不思議はないかな。

12/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english