自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

締め切りの感覚がない

佐々木

余談になりますけれどもね、学校から来るお知らせだと、スケジュールが不明なんですよ。

藤原

締め切りとかがでしょ。保護者会が何時に終わるかっていうのも。

佐々木

そうなんですよ、まさに。私なんか自分の30分、15分の刻みで動くじゃないですか。でも学校からのお知らせには、開始時刻が書いてあっても、終了時刻が書いてない。

藤原

何時に終わるかというのはね、教育委員会が校長などを招聘してやる会議でも、示されていないことが多い。

佐々木

なぜでしょう?

藤原

締め切りの感覚がないのよ。

佐々木

私は、締め切りの感覚という以上に、学校現場に、家庭や地域を巻き込んでほしいわけですよね。仕事をしていても、私自身も、学校のことは優先して、全部出席したいと思っているんですよ。だから、日時を早めに決定して、参加させてよって。働く女性や特に、男性にも、町の住民にも参加しての教育を考えるなら、日時を明確にして、多くの人が計画を立てて参加しやすい環境を提供してほしいです。これじゃ、「ほら、来られないでしょう」と言われているようで。だからこれは締め切りの感覚がないだけでなく、周りの人を巻き込もうという意欲がないのかなと思ってしまいます。

藤原

巻き込むことを前提にしたマナーで動いてはいないからだと思う。だって、いまだに和田中でさえも、ネットで日常的にコミュニケーションできる人は、18人の教員の中で半分いないですから。まず会社だったら300人いたら、300人がメールを使っているでしょ。だから学校の職員室の中ってそういう感じなんですよ。ネットでメールできなければ、「外の人を巻き込んで」なんてできないでしょ。そういうこと。いまだに電話で、地方なんかからも、いろんな依頼、講演依頼とか、見学させてくださいという依頼も、全部電話できてたもの。

佐々木

それでは受けられないですよね。

藤原

受けられない。だから電話できても、「メールでしてくれる?」って言うと、「ちょっと私はしないもので……」って言うから、「できる先生に頼んでやってよ」って。その辺からなんですよ、改革しなきゃならないのは。

11/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english