自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

5レンジャーがそろう本気の自治体には

藤原

杉並区は教育長の方針で、2008年から3年で小中学校67校、全校に地域本部を設置することを決めた。文科省の方針では、1800個所に地域本部を設置する。これは全国の市区町村の数ですからね。市区町村の自治体に1校はモデル校をつくってという形になるでしょうけど、それは僕の今年の仕事がどうなるのかということに絡むんです。たぶん7月以降ぐらいから、首長と教育長が本気で、1校でも校長に本気のところがあって、1人でも本気の教員がいるところ、PTAに理解があるところ、この5レンジャーがそろう本気の自治体には、直接行ってお会いしようかなって思っているわけ。

佐々木

直接に行ってというのは例えば?

藤原

[よのなか]科の模擬授業をやったり、「地域本部」についてコーディネータの研修をしたり。去年、一昨年も、[よのなか]科の普及には、文科省が5千万円ずつ予算をつけた。2年前にはまず「よのなか科」をマスターしたいティーチャーを全国で200人ぐらい養成したかな。そのうち、20人ぐらいはもう各地で実際に授業を始めてますよ。それから2007年は校長・教頭の研修を2000人ぐらいやった。というのは、その前の年に教員の研修をやったら、ほとんどの教員から「これはすごく有効だ」と反応があったのに、実施率が10%以下だった。

なぜかというアンケートを取ったら、「管理職の理解が得られない」ということだったので、じゃあ、管理職を染めなくてはいけませんねと。 「ネットワーク型の学校経営」と僕は言っているんだけど、要するに「開いた学校経営」をしようと。言ってしまえば、「よのなか科」のような授業を取り入れて、出島をつくって、外の人をどんどん呼んできたり。もしくは、「地域本部」という組織を学校の中につくって、ボランティアをいっぱい入れて、教員を助けましょう、と。  そういう経営ができる

「ネットワーク型の校長」をつくるのに、2007年に2000人ぐらい研修したら、実施率があっという間に3割以上になった。結局みんなが求めていることは広がっていくはずなんですね。  あとはどれぐらいのスピードでやるかということだけ。

14/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english