自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

総論で議論をしないということ

佐々木

藤原さんが、いろいろ改革の思いや、スキルもノウハウも山ほど持って校長になられても、突然、和田中の職員、先生方の前に立って、「さあ、これやるぞ、あれやるぞ」って言ったときに、そもそも言語が通じないとか、抵抗もおありだったでしょう。

藤原

それはね、それを破るというかね、ビジネスマン、ウーマンが少し学べるコツとしてはあるんだろうな。

一つは、総論で議論をしないということ。ものすごく具体的に、言葉づかいを総論でやらないで、各論でやる。ブレイクダウンしていくという話なんですけど。例えば、よく教育の世界では、「社会総がかりで教育を再生しなくてはダメだ」みたいなことを評論家が言うんですよ。「社会総がかり」の「社会」というのは、一体誰のことなのと。誰と特定して何をすることが、「総がかり」になるのかということ。「社会」という言葉と、「総がかり」というのをブレイクダウンしていかないと、学校では何も起こらないのね。

その「社会」というのをブレイクダウンした結果が、例えば和田中では「ドテラ」。土曜寺子屋に導入した学生。学生だったら土曜日に時間があるじゃないか。しかも、ただの学生だと、アルバイトをやれば5千円、1万円稼げるのに、そんなところに千円、2千円の交通費だけで来てくれないでしょ。そうすると、教員になりたい大学生だったら修業になるから来てくれるんじゃないのと。

あるいは図書室を3時から5時まで開けるというときに、お金で司書なんかに頼んだら、とても雇えないでしょ。でも探してみれば、本好きのおばちゃんというのが近くにいて、本好きのおばちゃんにとっては、家の中で暇な時間に本を読んでいるより、学校に来て、図書室で本を読んでくれた方が、その本を通じて、生徒と触れ合ってくれた方が、おばちゃんにとっても嬉しいんじゃないのみたいな。

そういうことをどんどん紡いでいった結果が、和田中の「地域本部」になっているわけです。そういうふうに各論で話をしていくと、教員の方も分かるんだよね。

4/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english