自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

変わったと思います

佐々木

聞き手のための構成をしていないとか、そもそも声が出ていないとか。藤原さんが校長になられてから、教員もやっぱり変わりましたか?

藤原

変わったと思います。実は僕が少し驚いたことがあるんですね。それは教員というのは、基本的に話す訓練ができているので、校長とか教頭よりも、よっぽど話がうまい人が多いということ。目の前の小学生だったり中学生だったりに分からせなくてはいけないからですよね。

例えば、運動会がありました、その後に打ち上げやりますと。飲んでいない場でも、ちょっと一言ずつ言ってよね、みたいな場をつくると、実に物語るテクニックがある人が多い。しかし、現場から離れて教頭、校長となって、管理職になっちゃっうと、そのことを忘れちゃうんじゃないかな。もしくはね、お話がちゃんとできる人が生徒をつかんで、ずっと教員でいる。ずっと教員の方が居心地がいいので、たぶんそういう人が校長になっていないのかなって気はするね。教員は比較的話がうまい人が多い。それは僕もビックリした。企業でバッと新人を前に、スピーチやれみたいなとき、あるでしょ。教師はけっこうやるよ。

佐々木

それはそうかもしれないですね。

藤原

実際、日本って、「みんな一緒」の世界から、「それぞれ」という世界に移行していっているわけですよね。「20世紀の成長社会」から「21世紀の成熟社会」に移行しちゃっているわけなんだけど、最大の違いは、隣にいる人が自分と同じことを考えているとは限らないという、あるいは、目の前にいる人が、あなたが自分のモードで話したときに、それを理解するとは限らないということ。

それがまだ勘違いされていて、「あ・うん」で分かってくれるはずだとか。仮に上下関係があれば、こちらに権力があれば、聞いて当然だとか。そういう勘違いが、ものすごくあるんじゃないかと思う。だから夫婦でも話さなくても分かるはずだとか、親子でも分かって当然、従って当然だという気持ちがある。でもこれは完全に崩れていっているわけですよね。そのことに戸惑っちゃって、いまだに前時代の頭で語っている人が多いんじゃないかな。

3/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english