自分で考え、自分で選び、自分で行動する。意志のある人たちが集う“場"それがイー・ウーマンです。 サイトマップお問い合わせ| english
ewoman検索: 過去のサーベイ検索
HOME CAREER@ NEWS@ MONEY&REGAL BODY@ SOCIETY@ ACTIVE LIFE@ 6ジャンルについて
>>> 旧リーダーズ/メンバーからの移行登録について
イー・ウーマンとは
参加する
円卓会議 働く人の
円卓会議
表参道カレッジ 人から学ぶ、
人と学ぶ

表参道カレッジ
国際女性ビジネス会議 国際女性
ビジネス会議
読む
winwin対談 佐々木かをりの
win-win対談

ホーム > 佐々木かをり対談 win-win > 第120回 藤原和博さん

win-win

120
前杉並区立和田中学校校長
藤原和博さん

僕はやっぱり「つかみ」を最初に意識して

藤原

プレゼンテーションとして考えた場合、ただ単に自分の考えをダラダラ言ったり、解説するだけでは、全然人は理解してくれない。 これはどんな人でも必要なものだと思うんですけど、目の前にいる人に何か動いてもらいたいと思ったとき、「このようにお願いします」っていうのを、ただ単に解説しても、その人は動かない。

佐々木

ニュースでいうとリードがあって、その後に本文が入るみたいなことですね。

藤原

最初にキャッチがないと。それを吉本用語では「つかみ」という言い方をするわけで。僕もプレゼンテーションを教えるような研修会等では、もう遠慮なく「つかみ」という。「つかみ」から入らないで解説しちゃうと、その人は「つかまれていない」。だから左から右へ。一応、丁寧な人だと「なるほど」とかって言って頷いてくれるけれど、45分解説しても、実は何もちゃんと心を動かしてくれていないから、「あとで課長と相談して、またご連絡します」とか言って、連絡が来ない。ということは僕も経験した話ですしね、営業マンのときに。

佐々木

私もよく、最初に「アテンション」と言っています。相手の気を惹きつけないと。で、それらを藤原さんご自身が、体験しながら学ばれていったわけですね。

藤原

そうですね。だから朝礼の話でもそうだし、それに入学式や卒業式の式辞といわれるものでさえも、僕はやっぱり「つかみ」を最初に意識して、つかんでから話をし始めるので、そこは全然違うと思います。 僕の入学式のあいさつは、なぜか僕も想定外だったんだけど、PTAの広報委員長やってくれている人が録音して、それをネットに上げちゃったわけですよ。それでWEB上でも聞いていただけるようになってます。

佐々木

まさに入学式や保護者会などでの校長先生のスピーチ力を上げたいと、いつも心から願っているんですよね。

藤原

たいていは、聴くにたえないからね。

2/30

前のページへ 次のページへ

講演依頼

第15回国際女性ビジネス会議 表参道カレッジ e-shopで購入できます
アクションプランナー メロンリペア
e-shop
メロンリペア メロンリペア
15万箱 突破!
抗酸化サプリメント
アクションプランナー アクション
プランナー

時間が見える大人気の手帳
ビジネス
イー・ウーマンに依頼する イー・ウーマンに
依頼する

イー・ウーマン調査 働く女性の調査
マーケティング&ブランドコミュニケーション マーケティング
ブランディング
コンサルティング

講演・研修のご依頼 講演・研修のご依頼
メディア掲載一覧 メディア掲載一覧
取材のご依頼 取材のご依頼
リンク
ワーキングウーマンの意識調査 asahi.com
私のミカタ
ワーキングウーマンの意識調査 佐々木かをりの
ブログ

kaorisasaki twitter 佐々木かをりの
Twitter

 ©2000-2009 ewoman,Inc. 個人情報について利用規約各種お問い合わせ・お申し込み会社概要| english